お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

神田沙也加



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

神田 沙也加(かんだ さやか、1986年10月1日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、声優、ナレーター。本名:村田 沙也加(むらた さやか)、旧姓:神田。東京都出身。ファンティック→ローブ所属。身長157cm。血液型はA型。以前は芸名『SAYAKA』で活動をしていた。夫は俳優・村田充。

人物

俳優の神田正輝と歌手の松田聖子の長女。父方の祖母は女優の旭輝子。

両親は1997年に離婚。両親の離婚後、母の聖子が親権を持ったため、彼女自身の姓が「蒲池」となる可能性もあった。しかし学業の途中で娘の姓が変わることを母の聖子が憂慮し、神田姓で新たな戸籍を作ったため、母子共に神田姓となる。

ロリータ・ファッションを好んで着用しており、雑誌『KERA』やブログなどでもロリータ姿を披露している。活動休止中の2005年にも雑誌『KERA』に読者モデルとして「Lily」(リリィ)という名前で登場していたこともある。この名前は「ドリーミーな世界観」を意識して名付けたという。

視力が0.1以下と悪く、普段はコンタクトレンズを装用している。

ふなっしーの大ファン。ふなっしーとは『笑神様は突然に…』(日本テレビ)などで何度か共演している他、DVDのナレーションも務めている。また、子供のころからアニメやゲームが好きで、幼い頃からの『美少女戦士セーラームーン』のファンである。今でも深夜アニメを見たりアニメ雑誌をチェックしたりフィギュアを集めたり休日には秋葉原で過ごすなど、アニメ好きであるという。

声優の三森すずこは中学時代の同級生。歌手の中島美嘉は親友だと話す。

略歴

1999年、ロサンゼルス在住中にデビッド・グリーンスパン監督の短編映画『ビーン・ケーキ(おはぎ)』に出演。同映画は2001年に第54回カンヌ国際映画祭で短編パルムドール(短編部門の最高賞)を受賞した。

1999年12月、「ALICE」のペンネームで母・松田聖子の曲『恋はいつでも95点』(アルバム『永遠の少女』、シングル『20th Party』に収録)で初作詞。ALICEが神田であるという事実は歌手デビュー後に公表された。ペンネームは母のヒット曲『時間の国のアリス』から取ったという。

日本において「SAYAKA」名義で芸能活動を開始する旨が明らかになる。2001年5月、江崎グリコ「アイスの実」でCM初出演。SAYAKA作詞・杉真理作曲によるオリジナルCM曲の歌唱も担当。

2002年5月、ソニー・ミュージックエンタテインメントから、『ever since』(フジテレビ系ドラマ「ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜」主題歌)で歌手デビュー。2003年9月、映画『ドラゴンヘッド』(主演:妻夫木聡)でヒロインを演じ、本格的に女優デビュー。同10月、TBSテレビドラマ『ヤンキー母校に帰る』に生徒役で出演。

2004年7月、約20倍のオーディションに勝ち残り、宮本亜門演出のミュージカル『INTO THE WOODS』で赤頭巾役を演じる。この時に宮本からもらった「ちゃんとあなたを見て選んだんだから、あなたはあなたのままで自信を持ってそこに立っていいんだよ」という言葉に救われ、舞台の仕事を中心に活動する今があるとのちのインタビューで明かしている。NHK総合テレビで稽古の様子などを追ったドキュメント番組が放送された。同9月、『水戸黄門』の第33部最終回スペシャルに華原朋美、MEGUMIと助っ人出演。時代劇・水芸に初挑戦し、人気芸人少女役を演じた。また、3rdシングル『水色』から音楽活動も積極的に行った。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。