お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

紅ゆずる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

紅 ゆずる(くれない ゆずる、8月17日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。

大阪府大阪市、東大谷高等学校出身。身長173cm。血液型A型。愛称は「さゆみ」、「さゆちゃん」、「ゆずるん」、「べに子」。

所属事務所は松竹エンタテインメント。

来歴

2000年、宝塚音楽学校入学。

2002年、宝塚歌劇団に88期生として入団。入団時の成績は47番。星組公演「プラハの春/LUCKY STAR!」で初舞台。その後、星組に配属。

新人公演時代は大きな役がつくことも無かったが、2008年、入団7年目となる最後のチャンスで、「THE SCARLET PIMPERNEL」の新人公演初主演に抜擢される。

2011年、「メイちゃんの執事」(バウホール・日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初主演。

2012年、「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演主演。

2013年、第一回台湾公演「宝塚ジャポニズム/怪盗楚留香/?toile de TAKARAZUKA」に、選抜メンバーとして出演。

2014年、星組2番手として「風と共に去りぬ」で、全国ツアー公演初主演。

2015年、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、3度目の東上公演主演。

2016年11月21日付で、北翔海莉の後任として星組トップスターに就任。相手役に綺咲愛里を迎え、年末の「タカラヅカスペシャル2016」でプレトップお披露目。

2017年、自身の新人公演主演作の再演となる「THE SCARLET PIMPERNEL」で、大劇場トップコンビお披露目を果たす。

2018年、第三回台湾公演「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」に出演。5年ぶり2度目となる台湾公演で、主演として凱旋を果たした。

2019年10月13日、「GOD OF STARS/エクレールブリアン」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。同年11月1日付で松竹エンタテインメント所属となり、芸能活動を開始。トップスター出身のタレントとしては同社の第一号となる。

人物


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。