お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

高木渉



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

高木 渉(たかぎ わたる、1966年7月25日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。アーツビジョンに所属。千葉県出身。

『名探偵コナン』(小嶋元太、高木渉)、『ゲゲゲの鬼太郎(第5作)』(ねずみ男)、『連続人形活劇 新・三銃士』(ポルトス)、『はなかっぱ』(黒羽根屋蝶兵衛)、『忍たま乱太郎』(平滝夜叉丸)『ルーニー・テューンズ』(ダフィー・ダック)と、多数の代表作品がある。

略歴

もともとは舞台俳優を志望していたが、劇団の入団試験を受けるまで暇で嫌だった理由から、何かないかなと芸能関係の雑誌を見ていると、勝田声優学院の生徒募集の記事を見かけ、「声優も演技の一環だから、為になるかも」と受験して受かったが、こちらのほうがやりがいがあると感じて、劇団の試験を受けずにそのまま専念し、勝田声優学院を第5期生として卒業。

1987年、テレビアニメ『ミスター味っ子』で声優としてデビューする(デビューした年を「1988年」と表記している資料もある)。以後、アニメや吹き替えに多数出演している。

2002年、山口勝平、関智一とともに、「さんにんのかい」という3人芝居のユニットを結成した。このように、声優だけでなく舞台俳優としても活動しており、『劇団あかぺら倶楽部』の代表も務めている。

2005年にはテレビアニメ『ドラえもん(テレビ朝日版第2期)』で先生役、2007年にはテレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎(第5作)』でねずみ男を演じており、リメイクされたアニメで重要な役の後任を務めている。

2016年の大河ドラマ『真田丸』にて、小山田茂誠役で出演した。テレビドラマへの出演はこれが初めてである。この出演で、アニメファンから多大な反響を呼ぶ。これ以降、テレビドラマへの出演も増えている。

アドリブについて

高木によると「元々不器用なタイプでそんなにポンポン出るタイプではない、本来ならばアドリブは必要ない」「(それを行うのは)アフレコ現場の空気を和ませるためであり、かつ流れを保つためのもの」という。しかし、アドリブは決してふざけてやっているわけではないようで、『ビーストウォーズ』シリーズでは、演技指導を務める音響監督から「『無音のシーンがあったら、とりあえず何かアドリブで埋める』『テストのときにみんなが笑わなかったら、台本に書かれてある台詞に戻ってはいけない』というルールがある。翻訳家が考えた台詞を改変する以上、『面白くないから』との理由で元の台詞に戻したら、翻訳家に失礼だ」「アドリブをやるなら心してやりなさい」という厳しさがあり、鍛えられた。いい現場だった」とのこと。

エピソード

『機動新世紀ガンダムX』の主人公・ガロード・ラン役に抜擢されたが、高木は元々ウィッツ・スー役のオーディションを受けており、「まさか主人公になるとは思わなかった」という。また、『ガンダムX』の前作『新機動戦記ガンダムW』の企画段階では、高木が張五飛役に決まりかけており、「高木渉」に二重線が引かれて石野竜三に書き換えられている当時の企画書が残っている。

日焼けサロンに凝っており、小野坂昌也は「『ツヨシ』の頃から通っている」と語っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。