お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

真上さつき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

真上 さつき(まうえ さつき、1996年4月5日 - )は、滋賀県野洲市出身、日本の女優である。

来歴

2013年、「Ray」「mina」「S Cawaii!」三誌コラボオーディションでminaグランプリ受賞。「有名になりたい」と故郷から2万円を握りしめて上京。最初に住んだ東京は西東京市だった。新聞配達の住み込みの仕事をしながらタレント養成所へ通った。

映画「アルビノ」では近親相姦などヌードを含む体当たりの演技をした

日活ロマンポルノの製作開始45周年を記念した企画、「ロマンポルノ・リブートプロジェクト」の白石和彌監督作「牝猫たち」に出演(共演は井端珠里)。

光文社「FLASH」2017年2月14日号で写真誌初グラビア。

2017年、所属していたエーミュージックを退所。オフィス森本預かりとなる。

同年10月5日、トミーズアーティストカンパニー所属となる。

人物

  • 趣味は読書とヘビカフェ巡り。
  • 体重は2015年現在43キロ。スリーサイズはバスト75、ウエスト60、ヒップ85。体型から舞台では少年役、小学生の少女役も演じることが多い。
  • 目標は一生女優を続けること。
  • 日活ロマンポルノリブートプロジェクトの一作である『牝猫たち』に出演しているが、先に行定勲監督作(『ジムノペディに乱れる』)のオーディションを受け落選している。そのため、その後白石和彌作のオーディションを受けた際には、チャンスは逃すまいとオーディション会場でいきなり裸になる度胸を見せ、監督を慌てさせた。
  • 師匠と呼べる人物に、舞台で共演した樋口泰子を挙げている。

出演

映画

  • 「アルビノ」(2016年7月23日公開、 亀井亨監督) - ヒロイン 九 役
  • 「牝猫たち」(2017年1月14日、 白石和彌監督) - メイン 神森結依 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。