お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

リンゴスター



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

リンゴ・スター(Ringo Starr、KBE、1940年7月7日 - )は、イギリスのミュージシャン、俳優。本名・リチャード・スターキー(Sir Richard Starkey)。ザ・ビートルズのメンバー。

概説

ザ・ビートルズのドラマー。左利きだが右利き用のドラム・セットを使っている。メンバー4人の内リンゴだけはクオリーメン時代からのオリジナルメンバーでは無い。

ビートルズのメンバーの中では、作曲能力の優れたジョン・レノンとポール・マッカートニーの影に隠れ、ジョージ・ハリスンと同様に地味な存在だったが、リンゴのドラムスはビートルズサウンドの要としてメンバーを支え続けた。曲の基本理念によって全く異なるノリを構築するリンゴの"間"の作り方の器用さ・引き出しの多彩さはポールのベースラインと並んで評価が高く『レコード・コレクターズ』の「20世紀のベスト・ドラマー100」では2位にランクしている。また「ボーイズ」「グッド・ナイト」「イエロー・サブマリン」などリンゴがリードボーカルを務めた楽曲もある。ソロでの代表曲には「想い出のフォトグラフ」「明日への願い」などがある。

現在の妻は映画『007 私を愛したスパイ』のボンドガールで有名な女優のバーバラ・バック。ドラマーのザック・スターキーは長男。ザックの娘ターシャ・スターキーはベーシストとして活動している。

ビートルズ解散後も現在までソロミュージシャンとして活動している。なお、ビートルズのメンバーで存命しているのは、他では現時点でポール・マッカートニーだけである(他の2人は既に他界している)。

経歴

誕生からビートルズ解散に至るまで

リヴァプールのロイヤル・リヴァプール小児病院で、1940年7月7日に誕生。労働者階級の出身だった。労働者の慣習に倣い父のファーストネーム(リチャード)を命名される。3歳の時に両親は離婚し母子家庭という環境で育ち「『父との思い出』と呼べるものは何もない」と述べている。

小学校低学年時に、盲腸炎・腹膜炎などで1年以上休学し、勉学面でついていけなくなった。そのため、学校をズル休みする事が多くなってしまった。12歳のとき、母エルシー(1914〜87)がペンキ職人ハリー・グレイブス(1914〜94)と再婚。

病弱だった彼は入退院を繰り返し、学校にほとんど行くことができなかった。この入院中に医者から教えてもらったのがドラムで、やがて院内のバンドに加入した。以来、リンゴはドラム以外の楽器に関心を示さなくなっていったという。ドラム・セットを手に入れた後は、もう学校に戻ることはなかった。昼は工場で働き、夜はダンス・パーティーなどでドラムを叩くという生活を送り、数々のグループに在籍して腕を磨いていく。

ビートルズに出会った時には『ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズ』というバンドのドラマーを務めていた。ビートルズのドラマーたるピート・ベストが1962年8月16日に解雇され、リンゴが8月18日にビートルズに加入してドラマーとなり10月5日(金)にレコードデビュー。

若い頃から職を転々としていたリンゴは、プロのドラマーになって初めて金銭を安定的に得られるようになった。リンゴはビートルズ加入前にビートルズの面々とハンブルク巡業時に顔見知りになったが、ジョージ・ハリスンは「出逢ったころのリンゴは僕らよりも収入が多くて、僕らよりも早く車を買って乗り回していた」と述べている。

芸名の“リンゴ・スター”とは、ロリー・ストームとハリケーンズ時代にそれぞれが芸名を考えた時につけられたもの。指輪が好きで両手にいくつも付けていたので“Rings(リングズ)”と呼ばれていて自分がリンゴ・キッドに憧れているので「リンゴ」と命名。リンゴは「Ringo Starkeyでいくつもりだったけれど、しっくりこなかったのでStarkeyを半分にしてrをもうひとつ付けた」と発言している。身長は5フィート8インチ(≒172.72cm)。

ビートルズの歴史上、“A Hard Day's Night”や“Eight Days A Week”、“Tomorrow Never Knows”など、リンゴの発言を曲名にしたといわれるものは多々あるが、どれも文法的には正しくない。ジョンはリンゴのこうした言語感覚を讃えて“Ringo-ism(リンゴ語)”と呼び「リンゴはときどき、ちょっと面白い言い間違いをするんだよ。文法の間違いだとかいうようなのじゃない、ジョークっぽいやつ。これが結構いいネタになるのさ」と発言している。

1965年2月にモーリン・コックスと結婚、同年9月13日に長男ザック誕生。同年、MBE勲章五級を授与される。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。