お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

原田諒



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

原田 諒(はらだ りょう、1981年 - )は、宝塚歌劇団所属の脚本家・演出家。

略歴

大阪市出身。同志社大学在学中の2003年、宝塚歌劇団入団。

2006年5月、月組宝塚大劇場公演『暁のローマ』にて新人公演の演出を初担当。

2010年3月、シャルル・トレネの若き日を描いたミュージカル、宙組宝塚バウホール公演『Je Chante(ジュ シャント)−終わりなき喝采−』で作・演出家としてデビュー。

2011年4月、雪組宝塚バウホール公演『ニジンスキー−奇跡の舞神−』において、ベジャール・バレエ・ローザンヌ出身の元バレエダンサー小林十市を振付に起用。耽美的な作風が高い評価を得る(小林は2014年、花組宝塚バウホール公演『ノクターン』にも振付スタッフとして参加)。

2012年4月、宙組宝塚大劇場公演『華やかなりし日々』で大劇場公演デビュー。

2013年、第20回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞(「ロバート・キャパ 魂の記録」、「華やかなりし日々」の評価により)。

同年、2012年ミュージカル・ベストテン 演出家賞を受賞(「ロバート・キャパ 魂の記録」、「華やかなりし日々」の作・演出に対して)。

2015年、第23回読売演劇大賞の演出家賞・上半期ベスト5に選ばれる(「白夜の誓い−グスタフ?世、誇り高き王の戦い−」、「アル・カポネ−スカーフェイスに秘められた真実−」の評価により)。また、「アル・カポネ−スカーフェイスに秘められた真実−」は、作品賞・スタッフ賞(美術:松井るみ)上半期ベスト5にも選ばれた。

2016年11月、花組宝塚大劇場公演『雪華抄』にて、自身初となる日本物レビューの作・演出を手掛ける。

2017年、第24回読売演劇大賞 優秀演出家賞・優秀作品賞を受賞(「For the people−リンカーン 自由を求めた男−」の評価により)。この作品は、優秀女優賞(主演:轟悠)・優秀スタッフ賞(作曲・編曲:玉麻尚一)を合わせた計4部門で高い評価を受けた。

2018年、第43回菊田一夫演劇賞を受賞(「ベルリン、わが愛」、「ドクトル・ジバゴ」の脚本・演出の成果に対して)。

2020年、『椿姫』でオペラを初演出(指揮:ジャコモ・サグリパンティ)。

宝塚歌劇団での舞台作品

作・演出

大劇場作品


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。