お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

松下耕



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松下 耕(まつした こう、1962年10月16日 - )は、作曲家、合唱指揮者、編曲家として幅広く活躍している音楽家である。日本合唱指揮者協会、国際コダーイ協会の会員、日本作編曲家協会会員、東京都合唱連盟副理事長。季刊誌『合唱表現』代表。

人物

東京都武蔵野市出身。東京都立日野高等学校で合唱を始める。国立音楽大学作曲科を首席卒業。1994年、合唱音楽の研究のため、ハンガリーに留学。ハンガリー放送児童合唱団の指導アシスタントを務める。帰国後、「合唱団の耳を育てる」ことを主眼においた、純正律の響きに彩られた無伴奏合唱作品を精力的に発表し始める。なお、2000年代に入って以降、ピアノ付きの合唱作品が増えつつある。作曲する作品のほとんどが合唱曲だが、その他の作品として、サクソフォーン四重奏のための「AMAMI」、オーケストラ作品“De Profundis”、オルガン作品“La Rivelazione di Dio”等、多岐にわたる。

2001年に「耕友会」を結成、各合唱団の音楽監督、指揮者として、全日本合唱コンクールや海外のコンクールで優秀な成績をおさめている。耕友会は2019年現在14の合唱団を擁する。自作品の初演指揮やCD録音、国内外の合唱曲の紹介なども精力的に行っている。2001年・2005年にドイツ、マルクトオーバードルフにおいてカール・オルフ賞を連続受賞。合唱音楽の国際的な貢献に対して贈られる賞であるロバート・エドラー合唱音楽賞を、アジア人で初めて受賞した。東京国際合唱コンクール、日本国際合唱作曲コンクール、軽井沢国際合唱フェスティバル等のイベントを主催し、2017年には東京国際合唱機構を設立、代表理事に就任する。

また、2010年3月までNHK-FMの番組「ビバ!合唱」のパーソナリティを務めていた。

作品

松下本人は、季刊誌『合唱表現』第4号(pp.8-9、2003年)で、「出来るだけ多様のタイプの合唱曲を書きたい」と前置きしながら、自らの作品を5種類にカテゴライズしている。以下、その分類に従って列挙する。

日本固有の音組織を用いた楽曲

  • 同声合唱のためのコンポジション『日本の民謡1』(女声・男声・児童合唱対応)
  • 女声合唱のためのコンポジション『日本の民謡2』
  • 男声合唱のためのコンポジション『日本の民謡3』
  • 男声合唱のためのコンポジション『日本の民謡4』
  • 混声合唱のためのコンポジション『日本の民謡5』(『日本の民謡2』を混声合唱に改作)
  • 混声合唱のための日本の民謡6「茨城巡礼」(混声+笛・太鼓・当り鉦・Sop.)
  • 混声合唱のための日本の民謡7「鳥取讃歌」  
  • Yagi-bushi 2005(男声・日本の民謡1の収められている「八木節」を改作)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。