お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

クロード=ミッシェル・シェーンベルク



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

クロード=ミシェル・シェーンベルク(Claude-Michel Sch?nberg、1944年7月6日 - )は、フランス・ヴァンヌ出身の作曲家、音楽プロデューサー、俳優、歌手。ポピュラーソングおよびミュージカルなどを手掛け、作詞家アラン・ブーブリルとの共作でよく知られている。フランス語ではクロード=ミシェル・シェンベールと発音。

代表作

代表作には以下のものがある。

  • フランス革命』(1973年)
  • 『レ・ミゼラブル』(1980年)
  • 『ミス・サイゴン』(1989年)
  • マルタン・ゲール』(1996年)
  • パイレート・クイーン』(2006年)
  • 『マルグリット』(2008年)

経歴

シェーンベルクはユダヤ系であり当初、音楽プロデューサー兼歌手としてデビューしたが、ミュージカルでもあるフランス初のロック・オペラの『フランス革命』の曲の大部分を1973年に作曲し、その年その舞台でルイ16世の役を演じた。

1974年にはポピュラーソング "Le Premier Pas"(愛のはじまり)の作詞作曲を手がけた。この曲は100万枚以上のヒットとなり、フランスでその年の売上1位を記録した。この曲のプロデュースはフランク・プゥルセルによる。

その後、自作自演のアルバムを1枚製作したが、1978年、ヴィクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル』をミュージカル化することをアラン・ブーブリルと計画し、その時からミュージカルに専念することを決めた。ミュージカル『レ・ミゼラブル』はパリのパレ・ド・スポールで1980年に上演され、1985年にはロンドンで、1987年にはブロードウェイで上演され、絶賛を浴びた。ブロードウェイ公演はトニー賞の12部門にノミネートされ、ミュージカル作品賞およびオリジナル楽曲賞を含む8部門を受賞した。

1989年にシェーンベルクとブーブリルのコンビは、レア・サロンガとジョナサン・プライスを起用した『ミス・サイゴン』でロンドンを席巻した。その後行われたブロードウェイ公演では、1991年4月11日にチケット売り上げが2400万ドルに達し、新記録となった。この年のトニー賞ではミュージカル作品賞およびオリジナル楽曲賞を含む10部門にノミネートされた。

1997年にシェーンベルクとブーブリルのコンビは新しいミュージカル『マルタン・ゲール』をロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演し、この年のローレンス・オリヴィエ賞を受賞した。イギリスとアメリカでツアー公演を行っている。

2001年、シェーンベルクは初のバレエ『嵐が丘』(Wuthering Heights)を作曲し、2002年9月にイギリスのノーザン・バレエ・シアターで上演された。

シェーンベルクとブーブリルは2006年、女海賊グレース・オマリーの冒険を描いたミュージカル『パイレート・クイーン』を発表した。2006年4月5日にブロードウェイ上演に先立つ8週間のトライアウトをシカゴのキャデラック・パレス・シアターで終えたが、上演前にさらにヒルトン・シアターでのプレビューに向けて修正を迫られた。そして2007年4月5日に上演にこぎ着けた。『ミス・サイゴン』で作詞に加わっていたリチャード・モルトビー・ジュニア (Richard Maltby, Jr.) が脚本と歌詞の修正に加わった。またキャスティングは、グラシエラ・ダニエル (Graciela Daniele) が行った。

しかし内容の野蛮さとチケット売り上げの低さから、『パイレート・クイーン』の上演は2007年6月17日に打ち切られた。公演回数は85回でプレビュー公演は32回、結局1800万ドルの赤字で、商業的にはブロードウェイ史上最悪の失敗となった。オリジナル・キャストによる録音は2007年7月3日にリリースされた。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。