お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

カネコアヤノ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

カネコアヤノ(1993年1月30日 - )は、日本のシンガーソングライター。神奈川県横浜市生まれ。弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開し、日常に寄り添う歌詞と大胆なバンドサウンドで注目を集めている。

来歴

はっぴいえんど、たま、戸川純、チャットモンチー、町田康などに影響を受け、高校終わりぐらいから作詞作曲を始めた。大学在学時、大学の友達に聴かせたオリジナル曲がきっかけで、アルバム制作やライブ出演などが次々と決まり、ミュージシャンとして本格的な活動をスタートした。

2012年5月、ミニアルバム「印税生活」を自主制作。同年6月、SCANDALツアー 東京公演のオープニングアクトに抜擢され、人生初のライブがZepp Tokyoとなった。その後も東京・渋谷、下北沢のライブハウスを中心に弾き語りやバンドセットで精力的にライブ活動を行う。

2013年2月、楽曲が舞台『ソラオの世界』のテーマ曲に抜擢され、ソラオの幼少期役で役者デビューも果たした。

2014年5月、デビューアルバム『来世はアイドル』をリリース。同年7月、「MOOSIC LAB 2014」参加作品『恋文X』で主演。同年8月「MOOSIC LAB 2014」ベストミュージシャン賞を受賞した。

2015年11月、アルバム『恋する惑星』をリリース。

2016年4月、弾き語りアルバム『hug』を自主制作。同年9月、舞台『光の光の光の愛の光の』に出演。同年12月、「さよーならあなた」をリリース。

2017年1月、カセットテープ「朝になって夢からさめて」をリリース。同年2月、映画『退屈な日々にさようならを』に出演。同年3月、ライブアルバム『LIVE AT ZAMZA ASAGAYAJAN.31,2017』をリリース。同年4月、「ひかれあい」をリリース。同年9月、アナログ盤LP『群れたち』をリリース。

2018年4月、アルバム『祝祭』をリリース。同アルバムは、「第11回CDショップ大賞2019」入賞作品に選出された。

2019年4月、両A面シングル「愛のままを / セゾン」をリリース。同年9月、初の詩集『わたしのまっしろときんいろ』とアルバム『燦々』をリリース。

バンドメンバー

カネコアヤノ(バンドセット)」としてイベントに出演する際のバンドメンバー。

  • 林 宏敏(ギター) - ex.踊ってばかりの国
  • 本村 拓磨(ベース) - Gateballers、ゆうらん船

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。