お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

石橋凌



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石橋 凌(いしばし りょう、1956年7月20日 - )は、日本の俳優、ミュージシャン、歌手である。本名は石橋 秀樹(いしばし ひでき)。血液型はAB型。かつてはアパッチ、現在はENTER the DEE、に所属する。アメリカの映画俳優組合 (SAG) の会員で、アメリカではゴールデン・メディア・グループが代理している。

略歴

本項は人物、俳優活動、ソロ活動のみ記す。

福岡県久留米市出身で福岡県立久留米高等学校を卒業した。俳優として名高いが、1980年代に熱狂的な支持を得たロックバンドARBのボーカルである。1977年に、ボーカルを探していたバンドへオーディションで合格して加入した。

5人兄弟の五男で、兄に影響されて中学の頃からジョン・レノンやビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランを好み、中学1年生で父が他界し、高校2年生で音楽家志望を決意した。父の死について、ソロシングル「カクテル・トゥナイト」に収録された「12の頃」で歌われている。

デビュー時に所属したシンコーミュージックはアイドルグループとして売り出そうとし、ピンク・レディーの前座を務めたこともある。1978年10月にシングル「野良犬」でデビューするも、方向性の違いから1年足らずでシンコーミュージックから独立した。

独立したものの、レコードの売れ行きやコンサートの動員に悩んでいた20代半ばに、ドラマーの相原誠とともに赴いたスポーツクラブで、金子正次と松田優作に出会う。松田に自身の悩みを相談するなど交流したのち、松田が監督する映画『ア・ホーマンス』に誘われて出演する。それまで演劇経験がほとんどなかった石橋は、松田から厳しい指導を受けて演じてキネマ旬報新人男優賞を受賞し、本格的に映画俳優を志す。大河ドラマ『武田信玄』、映画『ボクの女に手を出すな』『Aサインデイズ』などに出演したが、ミュージシャンが俳優を兼ねている印象もあり、石橋は中途半端になるなら俳優は辞める気でいた。

尊敬していた松田優作がハリウッド進出中に病死したことを受け、1990年にARBを解散して音楽活動を封印し、俳優業に専念した。『クロッシング・ガード』(1995年)の演技がアメリカで認められた後、1997年にARBを再結成して第4期ARBとして1998年2月にシングル「TOKYO OUTSIDER」で復活する。音楽活動と俳優業と両立していたが、2006年3月1日に石橋が脱退を表明してARBは活動を止めた。

石橋自身「追う役より追われる役の方が多かった」と話すほど、かつてはヤクザ役が多かったが、現在は刑事や判事など多彩な役柄を演ずる俳優として知られる。1995年よりアメリカ映画俳優組合 (SAG) の会員となる。2006年6月1日に鈍牛倶楽部からスティングカンパニーへ移籍し、2008年4月にエイベックスへ移籍する。

妻は女優の原田美枝子、長女は歌手の優河、次女は石橋静河。

エピソード

  • 高校卒業からARBに加入するまでは、アルバイトを転々としていた。最後はイタリアンレストランで、ピザは生地から作れるほどの腕前である。
  • 餡と蛇が苦手である。
  • 1980年代は、バンドのイメージに配慮したストレートな役柄が多かったが、今では癖のある俳優のイメージが強い。
  • 殺される役が多かったため、福岡の母に出演の話をすると「また殺されると?」と聞かれた。
  • 再結成後、石橋がミュージシャンであることを知らなかったスタッフに、ARBが俳優のバンド活動だと勘違いされたこともある。
  • ARBのライブではスタンドに設置したシンバルを高々と蹴り上げる。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
指定席:7,500円(税込)
※入場時別途1ドリンク代必要

【ご注意】
★カード決済のみ。12/23(日・祝) 10:00以降に
 セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、座席番号はわかりません。
 予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年3月16日 (土)
日本橋三井ホール