お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

藤原啓治



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

藤原 啓治(ふじわら けいじ、1964年10月5日 - 2020年4月12日)は、日本の声優、俳優、音響監督。AIR AGENCY代表取締役、日本芸術専門学校講師も務めた。

主な出演作に『クレヨンしんちゃん』(野原ひろし)、『鋼の錬金術師』シリーズ(マース・ヒューズ)、『交響詩篇エウレカセブン』(ホランド・ノヴァク)、『チャーリーとチョコレート工場』(ウィリー・ウォンカ)、『マーベル・シネマティック・ユニバース』(トニー・スターク / アイアンマン)、『ダークナイト』(ジョーカー)などがある。

略歴

出生地は東京都だが、実際は岩手県育ちであり、藤原本人も「ほぼ岩手人」と発言している。

専修大学北上高等学校卒業。当初は大学進学をしようと思い、色々な学校が載っている雑誌を見ていたところ、演劇の学校を発見し「こっちのほうがやる気が出る」と感じ、父の反対を押し切って文学座付属演劇研究所に入った。しかし、半数近くが学生で両立が出来ることを知って、進学しなかったのを後悔したという。

声優としてのデビュー作品については、本人は「忘れた…」と述べている。なお声優としての初仕事の現場には「アフレコには既に慣れている」と通されていたので初仕事と言えず、業界のルールや用語が理解できず苦悩したことを語っている。

文学座付属演劇研究所、劇団木山事務所、そして劇団で同期だったかないみかの紹介での賢プロダクション入所を経て、2006年11月に自ら事務所「AIR AGENCY」を立ち上げた。2008年4月より日本芸術専門学校大森校声優学科講師に就任し隔週で授業を担当していた。

2010年、『カッコカワイイ宣言!』(『サキよみ ジャンBANG!』内で放送)で音響監督デビュー。

2011年10月に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011』にて声優助演男優賞を受賞。

2016年8月8日、病気療養のために当面の間休養することを発表。レギュラー出演していた『クレヨンしんちゃん』は同月26日放送分より、Amazonプライム・ビデオにて同月3日から配信の『クレヨンしんちゃん外伝 エイリアン vs. しんのすけ』は、9月28日配信の第9話より出演を見合わせることも併せて発表され、その他の持ち役にも順次代役・後任が立てられた。なお、病気の詳細に関しては非公表であった。

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第3位に選ばれる。

2017年6月16日、体調を考慮しながら除々に仕事を再開することが所属事務所から発表された。同年6月28日、復帰作が8月11日公開の『スパイダーマン:ホームカミング』の吹き替えであると発表された。

藤原の持ち役の一部を引き継いだ森川智之によると、復帰後は自分のペースで仕事をしていたといい、休業前に退いた持ち役への復帰は殆ど行われなかった。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開後、本作までは何としてもトニー・スタークを吹き替える事を目標としていたため、観終わった後は「感慨深いものがありました」と語っていた。

2020年4月12日、癌のため死去。55歳没。同月16日所属事務所より発表された。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。