お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

崔文洙



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

崔 文洙(ちぇ むんす、1968年 - )は、日本のヴァイオリニストである。

経歴

東京生まれ。篠崎功子、久保田良作、江藤俊哉より指導を受ける。桐朋学園大学ディプロマコースを経て、1988年、ソビエト連邦政府奨学金を受けモスクワ音楽院に留学。ダヴィド・オイストラフ門下のワレリー・クリモフ、セルゲイ・ギルシェンコの両名に師事。1994年、音楽院を首席で卒業し、希少な「ソリスト」の称号を外国人として初めて授与される。卒業後にモスクワ音楽院の大学院へ進み、1997年に日本に帰国した。

同年小澤征爾に認められ新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターに就任。2000年より同楽団のソロ・コンサートマスターを務める。2009年より大阪フィルハーモニー交響楽団の首席客演コンサートマスターに就任。2019年現在は両楽団のソロ・コンサートマスターを兼任する。

帰国後はコンサートマスターがメインの活動となっているが、2008年には「音楽家として原点を見つめ直すため」という理由でソロコンサートを紀尾井ホールでおこなったことがあり、このときは兄の崔仁洙(チェ・インス)もピアノで共演した。

2018年4月13,14日の大阪フィルハーモニー交響楽団の弦セクションメンバーによる「大フィルのメンバーによる弦楽合奏の愉しみ」公演におけるヴィヴァルディの「四季」では、ソリスト(リードコンサートマスター)を務めた。

2019年1月15日、天満教会にて開催された「New YEAR concert 2019」に中心メンバーの一人として出演し、フィナーレの出演弦楽器奏者全員によるチャイコフスキーの「弦楽セレナード[3]」ではコンサートマスターを務めた。

同年9月1日、大阪フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスターに就任。

脚注


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:8,000円
A席:7,000円
B席:5,500円
(全席指定・税込)
2020年2月15日 (土)
サントリーホール
大ホール