お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

萩尾望都



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

萩尾 望都(はぎお もと、本名同じ、女性、1949年5月12日 - )は、日本の漫画家、元同人作家。女子美術大学客員教授。

人物

福岡県大牟田市生まれ。埼玉県在住。血液型はO型。

代表作は『ポーの一族』、『トーマの心臓』、『11人いる!』、『残酷な神が支配する』、『バルバラ異界』など。

作品のジャンルはSF・ファンタジー・ミステリー・ラブコメディー・バレエもの・心理サスペンスものなど幅広い分野にわたり、竹宮惠子・大島弓子らとともに「花の24年組」と呼ばれ、中でもその代表格、さらには「少女漫画の神様」とも評せられている。その作品は文学的あるいは文学を超えているとも言われ、文化人たちが多く批評の対象としている。

2012年春に少女漫画家では初となる紫綬褒章を受章した。

映画監督押井守のファンで、1番好きな作品に『天使のたまご』を挙げている。

来歴

出生 - 幼少期

1949年、炭鉱町である大牟田市で生まれ(漫画家を多数輩出、大牟田市#漫画・イラスト・ゲーム参照)、4人兄弟の次女(姉・妹・弟)として育つ。「望都」は本名で、両親がそれぞれの思いを持って名付けられた。名前の由来には諸説がある。

2歳で絵を描き、4歳で漫画や本を読み始めるが、教育熱心な両親により、漫画を読むことを禁止されていた。幼稚園では時間の許す限り絵を描き、小学校では3年生のころ、彼女の絵の才能を伸ばそうとした両親の勧めで絵の塾に通い油絵を学ぶ。小学校2年のときに学級文庫ができ、『ヘレンケラー物語』や『アルセーヌ・ルパン』、『青い鳥』、『不思議の国のアリス』などを夢中になって何度も読み、また図書館に入り浸りギリシャ神話や世界名作全集、児童向けのSFシリーズなどを読んでいた。さらに、親戚の本屋に遊びに行っては漫画を読み、模写していた。

中学 - 高校時代

中学入学後、漫画を描く友人、原田千代子(後の漫画家・はらだ蘭)と知り合い、漫画を描くための知識や漫画家になるためには作品を投稿する必要があることを知り、2人で貸本雑誌などに投稿した。中学2年生のときに大阪府吹田市に引っ越すが、その後も原田との文通は続く。高校2年生のときに手塚治虫の『新選組』に強く感銘を受け、本気で漫画家を志し、高校3年生のときに大牟田に戻ると、原田の紹介で漫画同人誌「キーロックス」に同人漫画家として参加する。

デビュー前後

高校卒業後も地元のデザイン専門学校で学びながら10作ほど投稿し、そのうちの1作『ミニレディが恋をしたら』(ペンネームは「萩尾望東」)で『別冊マーガレット』(集英社)1968年5月号の「少女まんがスクール」にて金賞を受賞するが、入賞作は掲載されなかった。翌1969年、休暇で上京した際に手塚プロのアシスタントをしていた原田を訪問し、そこで初めて手塚治虫と出会う。また、上京の際には原田と岡田史子を訪ね、同郷の漫画家、平田真貴子のつてで講談社に持ち込みをした。そこで「何か短い作品を」と言われ、忘れられないうちにと2週間で20数枚の作品を仕上げ提出。その作品『ルルとミミ』が『なかよし』夏休み増刊号に掲載されてデビューした。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般:5,800円(全席指定・税込)

※<amo>チーム、<paco>チームのダブルキャストになります。
2019年5月18日 (土) 〜
2019年6月2日 (日)
あうるすぽっと
販売終了

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
40名限定!一般5,800円(全席指定・税込) → 4,800円 さらに1,000Pゲット!(5/21 16時45分更新)
2019年5月18日 (土) 〜
2019年6月2日 (日)
あうるすぽっと

取扱中の公演
直前販売

<カンフェティ取扱チケット>
【指定席引換券】:5,800円(税込)

【指定席引換券】
※当日、開演の60分前より受付にて指定席券とお引換えください。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

※<amo>チーム、<paco>チームのダブルキャストになります。
2019年5月18日 (土) 〜
2019年6月2日 (日)
あうるすぽっと