お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

桂雀々



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

桂 雀々(かつら じゃくじゃく、本名:松本 貢一(まつもと こういち)、1960年8月9日 - )は大阪市住吉区我孫子出身で上方の落語家。所属事務所はラルテ。以前は米朝事務所に所属していた(米朝事務所退社後は浅井企画、西口エンタテインメントと業務提携があった)。既婚で、一女一男あり。通称「けい じゃんじゃん」。

経歴

子供の頃母が蒸発し間もなく父は博打が好きで借金取りが毎日家に来ていた。生活に困り、借金取りから5,000円借りたこともあった。後に父も蒸発し近所の人にお世話になったりアルバイトをしながら一人で生活をする。中学3年生の頃、関根勤、清水アキラ、あご勇、小堺一機らを輩出したTBSテレビ「ぎんざNOW!」の『素人コメディアン道場』に「花より団子」という名で出演。大阪弁での巧妙な喋りが人気となり見事勝ち抜きチャンピオンとなる。その後、渡辺プロから将来性を見込まれ誘われるが断ったという逸話がある。

1977年6月1日に桂枝雀に入門。同年10月の名古屋雲竜ホール(現在のDIAMOND HALL)「枝雀独演会」にて「浮世根問」で初舞台。2005年2月19日より、一門や所属事務所の異なるメンバー6人で開催している「RG研進会」(現「新鋭・上方落語会」、MZ研進会に由来)発起人。

「ぎんざNOW!」の縁で関根勤・小堺一機が所属する浅井企画とも契約していた時期があり、TBSラジオ「コサキンDEワァオ!」にときおり出演、横山ノックのものまねで関根、小堺を喜ばせた。

2007年は芸能生活30周年を迎える。迎えるにあたってやしきたかじんプロデュースおよび出演の『雀々十八番』がシアターBRAVA!で開催し、6日間の独演会行われた。たかじんの親交のある芸能人の芸人(上岡龍太郎、桂ざこばなど)が出演し、たかじんも円広志と音曲漫才や藤山直美と夫婦漫才を披露した。全公演完売で大成功を収める。ちなみに雀々とたかじんの関係は以前米朝一門がよく出入りしていた北新地の居酒屋「猫八」で初めて出会う。その後たかじんが以前住んでいた天満のマンションに一緒に住むまでにいたる。

2010年には全国各地の地獄や閻魔にゆかりのある地域で「地獄八景亡者戯」を演じるツアーを開催。ファイナルでは12月12日に和歌山・ポルトヨーロッパにて『スーパー落語』と題した高座に地獄のセットを舞台に造り白装束、三角頭巾の姿で演じる落語を披露。

2011年10月より、「大阪でやれることは全てやった、51歳をきっかけにリセットして東京で勝負したい」という思いから、住居と活動拠点を東京に移し、長らく所属であった米朝事務所も離れた。東京では2DKのマンションで娘と二人暮らし(妻と息子は大阪在住)。娘の麻生唯はタレントとして活動している。

人物

  • 「雀々」は師匠枝雀が最も気に入った名前とされ、上岡龍太郎曰く、『枝雀と雀々の名前を入れ替えて、枝雀自身は自らを「雀々家 雀々(じゃくじゃくや じゃくじゃく)」に改名、いつでも「こいつ、じゃくじゃくや、じゃくじゃく!」と言われたかった』とのこと。
  • 噺し方はもっさり。アホな人物や、呆れる婦人をやらせるとうまい。アクションは若干オーバーなところがあり、師匠枝雀を髣髴とさせることがある。礼儀正しい上に大物・先輩芸能人と絡んでもひるむところがなく、大阪ではテレビタレントとしても人気が高い。
  • 学生時代から部活動で卓球部に所属していたこともあり現在でも趣味は卓球。東京活動後はらくご卓球クラブに加入。他にも趣味はゴルフでプライベートで「JAK2杯」を開催している。
  • 夫人同士が姉妹であるため、桂ざこばとは義兄弟(芸の関係では叔父甥になる。ざこばが枝雀の弟弟子)
  • 甥にJAY'EDがいる。(ざこば夫人にとっては弟、雀々夫人にとっては弟or兄の子に当たる)
  • プライベートなどでよくハンチング帽をかぶっている。これは内弟子時代にハンチングの製造工場で働いていたことに由来する。よく枝雀宅に試作品を持ち帰っていたため枝雀も愛用するようになった。
  • 首吊り自殺を図った枝雀の体を降ろしたのは雀々である。
  • 2004年度より園田学園女子大学「非言語コミュニケーション論」非常勤講師。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。