お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

セバスティアン・ヴァイグレ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

セバスティアン・ヴァイグレSebastian Weigle, 1961年 - )は、ドイツの指揮者。ベルリン生まれ。

経歴

東ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でホルン、ピアノ、及び指揮を学んだ後、ベルリン国立(州立)歌劇場管弦楽団で15年間首席ホルン奏者を務めた。

1997年に同楽団の第1カペルマイスターとなり、またドレスデン、フランクフルト、ウィーン、ニューヨーク・メトロポリタン、ほか多数の歌劇場で客演した。

2003年、フランクフルト歌劇場とのリヒャルト・シュトラウス『影のない女』で年間最優秀指揮者(「Opernwelt」紙)に選ばれる。2004年よりスペイン・バルセロナのリセウ大劇場の音楽総監督を務め、意欲的な公演の数々で同劇場に世界的注目を集める。2008年よりフランクフルト歌劇場の音楽総監督を務める。

2007年、バイロイト音楽祭でリヒャルト・ヴァーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』を指揮した。2013年の東京・春・音楽祭ではNHK交響楽団を指揮して同楽劇を演奏会形式にて上演した。2019年から読売日本交響楽団常任指揮者。

なお、同じく指揮者で1953年生まれのイェルク=ペーター・ヴァイグレの甥であり、ヴィオラのフリーデマン・ヴァイグレ(Friedemann Weigle)とは兄弟である。

脚注


外部リンク

  • 公式ページ

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。