お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

迎里計



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

迎里 計(むかいざと けい、1976年10月29日 - )は沖縄県石垣市(石垣島)白保出身。三線や一五一会を弾きながら自身の曲や八重山民謡、島の遊び唄などを歌っている。

人物

沖縄の伝統楽器「三線」と新しい和楽器「一五一会」を弾き語る歌手。島、人、酒、言葉、喜び、哀しみ日頃のふとした事柄をテーマにして故郷・石垣と憧れの街・東京を歌っている。また、日本各地で一五一会ワークショップも開催している。

兄(迎里 中)の影響で音楽に興味をもち、ベースギターを弾き始める。大学進学のため上京後、Booing Sheynerのベーシストとして活動をはじめ、1999年8月メジャーデビュー。数年間活動するも、その頃より「唄いたい」という気持ちが大きくなりバンドを脱退。その後はさまざまなアーティストのサポート活動を続け、生まれ島の遊び唄などに興味を持ち、祖父の形見の三線を手に島唄を歌い始める。

自身の弾き語りライブの活動の他、BEGIN、夏川りみ、南こうせつ、下地正晃、佐藤弘道、徳永ゆうき、大城クラウディアなどのレコーディングやサポートとしてライブに参加したほか、三宅裕司主宰の「スーパーエキセントリックシアター」の三線指導・レコーディング、アニメ「テニスの王様」の挿入歌に三線で参加するなど多岐に渡る。音楽以外にも、司会やテレビや舞台、ラジオドラマでの役者経験も持つ。

来歴

1999年8月 - Booing Sheynerのベーシストとしてメジャーデビュー

2008年 - 兄(迎里中)とBorn ti caftaを結成。ミニアルバム「赤瓦の上の三線弾き」リリース

2008年〜2011年 - BEGINツアーサポートメンバーとして活躍

2011年3月5日 - 東京・日本武道館で行われたBEGINのあやぱに音楽祭にて司会を担当

2011年 - Born ti Cafta 2ndミニアルバム「音遊び」リリース

2014年7月21日 - 自身初のソロ1stアルバム「陸(おか)を敷いて歌まくら」リリース

2016年10月29日 - 2ndアルバム「歌の種 僕は土 君は水」リリース

2018年6月3日 - 配信限定シングルとして「がんばれの向こう側」配信スタート

2019年11月9日 - 音楽生活20周年祭を楽屋(中目黒)にて開催

ディスコグラフィー


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。