お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

吉田正子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉田 正子(よしだ まさこ、1983年2月27日 - )は、日本の女性総合格闘家。福島県伊達郡出身。FIGHT CHIX所属。福島西高校数理科学科、文化服装学院卒業。

JEWELSの主宰する「JEWELS格闘技スタジオ@MUSE」(旧・SMACK MMA STUDIO@MUSE)の代表兼チーフインストラクターも務めている。

試合時のコスチュームは自分で製作しており、他の女子選手、さらにJWP女子プロレスなど女子プロレスラーのコスチュームも製作している。

来歴

2003年12月6日、スマックガールのアマチュア大会「SMACKGIRL-F5」で行われたプロマッチでプロデビューし、浅山尚子に判定負けとなった。

2004年2月1日、Next Cinderella Tournament ライト級 1回戦で舞と対戦し、判定負け。

2004年4月18日、CROSS SECTION 第1回大会のメインイベントでWINDY智美と対戦し、腕ひしぎ三角固めで一本勝ちを収めた。

2004年9月19日、プロ柔術Gi-05で茂木康子と対戦し、モンジバカで一本負け。

2005年2月11日、修斗ルール初挑戦となったG-SHOOTO Plus 01でakinoriと対戦し、1-0の判定ドロー。

2006年2月3日、「FF2 Gi-Feminino2006×SmackGirl-F」で斎藤"edge"あゆみと対戦し、2-1の判定勝ち。大会のMVPを受賞した。

2006年3月11日、G-SHOOTO JAPAN 04のストロー級プラストーナメント1回戦で瀧本美咲と1-0の判定ドローとなり、抽選により準決勝進出。5月6日、G-SHOOTO JAPAN 05の準決勝では村浪真穂に判定勝ち。6月11日、G-SHOOTO plus 06の決勝では玉田育子に判定勝ち、優勝を果たした。

2006年7月23日、SMACKGIRL GRAPPRING QUEEN TOURNAMENT 2006の最軽量のフライ級と無差別級にダブルエントリー。フライ級1回戦では兼谷絵里に判定負けし、無差別級2回戦(初戦)ではフェリシア・オーにスリーパーホールドで一本負けとなった。

2006年9月15日、スマックガールで兼谷絵里と対戦し、判定勝ち。7月にグラップリングルールで敗れたリベンジに成功したが、直後に所属していたNATIVE SPIRITSから解雇されてしまう。

2006年10月20日、G-SHOOTO Special 02で富松恵美と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。この試合よりフリーランスとなった。

2006年11月29日、スマックガールで大室奈緒子とグラウンド制限時間無し&パウンドありの特別ルールで対戦し、判定負けを喫した。

2007年1月26日、G-SHOOTOから改称した第1弾興行BATTLE MIX TOKYO 01で総合格闘技8連勝中の藤井惠と対戦し、開始51秒ヒールホールドで一本負け。

2007年2月4日、キックボクシング初挑戦となったJ-NETWORKのJ-GIRLS認定初代ミニフライ級王座決定トーナメント1回戦でダイヤモンド酒井理絵と対戦し、判定勝ち。3月31日、準々決勝では大島椿と対戦し、判定負け。

2007年2月17日、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された新興行Fatal Femmes Fightingのダブルメインイベント(最終試合)でリサ・ワードとFFFフライ級王座決定戦で対戦し、判定負けで王座獲得ならず。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(大人):1,000円
全席指定(中学生以下):800円
(税込)

※3才以下ひざ乗せ無料
2018年12月22日 (土) 〜
2018年12月23日 (日)
日本橋社会教育会館
ホール