CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 西村真二

西村真二

西村真二



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

西村 真二(にしむら しんじ、1984年6月30日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビ・コットンのツッコミ担当で、アイドルグループ吉本坂46のメンバーでもある。元広島ホームテレビのアナウンサー。あだ名は「にっくん」。自称「衣装予報士」。

略歴

広島県広島市出身。修道高等学校、慶應義塾大学商学部卒業。

兄は政治家(元世田谷区議会議員の西村准也)、姉は国会議員の秘書。

小学生の時に水泳のジュニアオリンピック選手に選ばれたことがある。高校生までやっていた野球はいわゆるエースでピッチャーの “背番号1”。高校生時代は野球部、大学生時代はブレイクダンスサークル「Revolve(リボルブ)」に所属。水泳 やサッカー、アイスホッケーもこなす。2007年ミスター慶應コンテストでグランプリを受賞。

小学校の卒業文集に「ナインティナインみたいな芸人になりたい」と書いたほどお笑いに憧れ、高校卒業後すぐNSC(吉本総合芸能学院)に入学したかったが、大学へ進学。大学生時代は同級生とアマチュアのお笑いコンビを組んで活動。2006年のM-1グランプリで、以前から憧れていたチュートリアルの優勝をテレビで観た際に、本気でプロの芸人になろうと思うようになる。後にアナウンサーを辞めて芸人に転向したきっかけもチュートリアルだった。

大学卒業後は芸人を目指していたが、当時の相方と「社会人を1年だけやった方がいい」ということになり、1年後に一緒に会社を辞めてNSCに入る約束をし、アナウンサー試験を受け始める。アナウンサーを志したのは、子供の頃から喋ることが好きだったことに加え、親の勧めも理由だった。最初に受けたのはフジテレビで、最終試験まで残った が不合格。大阪、名古屋、九州、北海道と10社ほど受けた 後、広島ホームテレビにアナウンサーとして2008年に入社(同期には小嶋沙耶香)。一方、当時の相方は一流企業に就職し収入が安定しており、約束していたNSCへの入学を断られる。西村は、アナウンサーになったのも仕事の経験をお笑いに活かせたらと思ってとのことで、入社する時にはこれで芸人になれると期待を膨らませていたほどだった。さらに、東日本大震災で知り合いの家族が亡くなったと聞いたことをきっかけに「俺もいつ死ぬかわからんし、後悔する人生は送りたくない」と改めて思い出し、2011年3月31日付けで3年間勤めた同局を退社。同年4月以降は再び東京に拠点を移す。

東京NSC17期生となり、2012年に相方のきょんを誘って「ラフレクラン」(2021年より「コットン」に改名)を結成し、現在に至る。

2012年9月投票、2012年10月11日に開票が行われた無限大総選挙において359名中44位。2015年のよしもと男前ランキングで第4位。

経験人数300人以上。

出演

テレビ

太字は出演中

広島ホームテレビアナウンサー勤務時

  • Jステーション(ニュースコーナー担当、広島ホームテレビ)
  • あっぱれ!熟年ファイターズ(2009年4月18日 - 2011年3月5日、広島ホームテレビ)
  • ワイド!スクランブル(ローカルニュース、広島ホームテレビ)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。