お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

海山昆布



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

昆布ちゃん(こんぶちゃん、1981年6月10日 - )は日本のお笑い芸人。北海道函館市出身。本名は橋本尊史、旧芸名はハッシィ海山昆布

吉本興業、ホリプロコム、サンミュージックプロダクションなど経て、現在は事務所に所属せずフリーで活動している。

経歴

コンビ時代

1981年6月10日、北海道函館市に生まれる。函館大学付属有斗高等学校卒業。19歳の時に故郷の北海道から上京して就職するが仕事や寮生活に嫌気が差し、2003年4月にお笑い芸人への道を目指して東京NSC9期生としてNSCに入学する。だがネタの作り方も分からない状態で周囲との実力差に圧倒され、卒業後はエキストラの仕事をたまに引き受ける以外はフリーターとしての日々を過ごす、(パチンコ屋でバイトをしている際、同僚3人で悪ふざけをし過ぎクビになりかける)。一度はそのまま業界からフェードアウトしようとしたが、芸人仲間からの勧めもあって「芸人として諦めをつけるために完全燃焼する」事を決め、学び直すべく24歳の時に浅井企画の養成所に入る。2007年1月、養成所で知り合ったかねごんとコンビ『高円寺パルサー』を結成してライブなどに出演、『サザエさん』のタラちゃんの物真似などで知られる様になる。

2008年11月、『エンタの神様』に高円寺パルサーとして出演してテレビデビューを果たし、また翌年にはオーディションを受けてホリプロコム所属となる。2010年から2011年にかけて、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』、『『ぷっ』すま』、『笑っていいとも』などにモノマネ芸人として出演するが、2012年6月に「方向性の違い」から高円寺パルサーを解散、同時にホリプロコムからも退社してフリー活動へ転向した。ピン芸人になってからも暫くはコンビ時代の芸名であるハッシィの名義で出演していた。

ピン芸人時代

2012年10月3日、ニコニコ生放送で放送されているインターネット番組『R藤本の水曜はじけてまざれ!』に第9回から出演、次第に準レギュラーとして定着する。得意とするタラちゃんの他に、ベジータの物真似で知られるR藤本に対して「ドラゴンボール繋がり」でラディッツのモノマネも行っており、番組内ではこちらの方がメインになっている。2012年9月12日、第140回放送で行われた『はじまざレギュラー争奪バトル』で1位になり、ヤムチャ役のバード238に代わって2012年10月よりレギュラーに昇格した。以降、二度目のレギュラー争奪戦にも勝利するなど現在に至るまでレギュラーの座を守り続けている。

2013年5月15日、『はじまざ』の企画としてピン芸人としての新しい芸名を考え、ハッシィから海山昆布に改名すると発表、同時に「昆布」と「こんばんは」をかけたギャグとして「昆布ばんわ」を考案し、番組開始時に披露するのがお決まりとなっている。同年10月29日、フリーからサンミュージックプロダクション所属(預かり)となった。

2014年7月、テラシマニアックとコンビ『テラシマコンブ。』を結成するも、わずか1ヶ月間で解散。?

2016年2月7日、サンミュージックプロダクションを退社して再びフリー活動に戻り、6月19日に35歳記念として初の単独ライブを開催した。

2019年1月17日、芸名を、海山昆布から昆布ちゃんに改名すると発表。

人物

  • 上述の通り、24歳で浅井企画養成所に入り直した理由は完全燃焼して「芸人を”ちゃんと”辞めたかったから」。だが結果として現在まで辞めることなく活動している。
  • 芸風はものまねが中心だが最初から行っていた訳ではなく、本格的に始めたのはコンビ結成後の25歳頃からである。
    • タラちゃんのモノマネを「似ていない」と思いながら嫌々やったところ、意外にもウケたのでそこから練習を重ねたり、レパートリーを増やす様になったという。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。