お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

吉田愛



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉田 愛(よしだ あい、1980年11月5日 - 、40歳)は、東京都八王子市出身のセーリング選手(スキッパー)。出生は神奈川県。国立音楽大学附属高等学校、日本大学卒業。2013年よりベネッセセーリングチーム所属。それ以前はアビームコンサルティング人事部所属。旧姓は近藤。夫は現コーチでもある吉田雄悟。

競技歴

小学1年生でセーリングを始め、大学時代は全日本学生女子選手権(女子インカレ)3連覇。2006年世界選手権で準優勝。2007年には全日本470級ヨット選手権大会で史上初の女子組による優勝。2008年6月25 - 29日にドイツで行われた五輪前最後の国際大会、キール・ウイークで優勝し、鎌田とのペアが世界ランキング1位になる。鎌田奈緒子とのペアは「コンカマ」と呼ばれた。

2008年北京オリンピックでは、10レース中2レースで1位、それ以外は全て10位以下と好不調の激しく、全19チーム中14位となった。2008年12月に、鎌田は現役を引退した。

鎌田引退後は、田畑和歌子(日本経済大学職員)とペアを組み、2012年ロンドンオリンピックでは10レースまで終えて総合14位にとどまり、最終レース進出を逃した。田畑はその後、レーザーラジアル級(シングル)に移った。

2013年度からはアビームコンサルティングを離れ、ベネッセセーリングチームに所属。以降は吉岡美帆とペアを組んでいる。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、第1レースから1位を獲得するなど10レース中2レースで1位を獲得し、得意の強風レースでは確実にポイントを稼いだ。最終レース(メダルレース)では銀メダルを狙える位置にいたが、7位フィニッシュと順位を伸ばせず、総合5位で大会を終えた。

デンマークのオーフスで開催された2018年世界選手権で女子470級に出場し、このクラスでは日本初の優勝を果たした。

2019年8月に神奈川県江の島で行われた世界選手権で銀メダルを獲得、2020年東京オリンピック代表に内定した。


2012年末に吉田雄悟(ロンドンオリンピックセーリング男子470級日本代表)と結婚。2017年6月に長男を出産している。

主な成績

オリンピック国際大会

世界選手権

アジア競技大会

全日本470級選手権

2004年〜2020年までの出場大会のみ記載


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。