お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

生駒里奈



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

生駒 里奈(いこま りな、1995年12月29日 - )は、日本の女優、タレントであり、女性アイドルグループ乃木坂46およびAKB48チームBの元メンバーである。秋田県由利本荘市出身。乃木坂46合同会社所属。身長153 cm。血液型はAB型。愛称は、いこまちゃんいこたん

略歴

幼少期、秋田県のダンススクール『ダンスアベニュー・StudioS』に入学し、ジャズダンスを習い始める。中学校へ進学後、ダンススクールの先輩に感化され、吹奏楽部に入部し、ドラム、マリンバ、ヴィブラフォンなどのパーカッションも始め、中学3年生の時、『全日本吹奏楽コンクール』の東北大会で銀賞を受賞した。

中学校を卒業後、高等学校へ進学したが、以前のように部活動に打ち込まなくなり、自宅で過ごすようなった。それを見た父親が心配し、暇を持て余すくらいならと何かに向かって頑張ることをうながす気持ちで乃木坂46の1期生オーディションを勧めた。ちょうど学校生活から逃げ出したかった生駒は、オーディションを受験することにした。

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではピコの「桜音」を歌った。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だった。合格後、高校1年生の夏休みに秋田県から東京都の高等学校へ転校した。のちに仕事の都合でそこも通学が困難になったため、ほぼ高校2年生の時、通信制の高等学校へ転校した。

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューし、センターを務めた。グループ結成当初、吉本彩華が暫定選抜のセンターだったが、グループ結成からわずか1か月後の2011年9月22日に脱退。その後任センターに抜擢されたが、なぜ自分なのという戸惑いがあった。2012年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「水玉模様」で初のソロ曲を務めた頃から、センターへの迷いがなくなり、自分にできることを精一杯取り組むようになった。2012年12月12日、『日刊スポーツ』で「いこまびより」の連載を開始した。

2013年1月22日、秋田県由利本荘市のふるさと応援大使に任命された。2013年4月20日、乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」で、1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」まで務めてきたセンターポジションを白石麻衣と交代することが発表された。センター交代後はプレッシャーから解放され、気持ちに余裕ができ、与えられた場所で輝くことを大切にした。2013年5月15日、『ピラメキーノ640』の「おはよう! だるだるEnglish」のコーナーにレギュラー出演を開始した。2013年6月、生駒がデザインしたオリジナルキャラクター「てーんちゃん」のグッズが、キデイランドの期間限定ショップ『うさぎのモフィ』で販売された。

2014年2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』(Zepp DiverCity)で乃木坂46を兼任することになったSKE48・松井玲奈の交換留学生として、AKB48チームBを兼任することが発表された。兼任を決意したのは『真夏の全国ツアー2013』のライブを終え、国立代々木競技場第一体育館のような大きなステージを経験したことから、もはや「経験がない」というのは言い訳にならないと考え、「このレベルでお客さんに見せたらダメだ」と思い、ダンスパフォーマンスを向上させるためのスケジュール調整で悩んでいたところ、兼任の話を持ちかけられたからである。2014年4月、高等学校を卒業した。2014年4月12日、西武ドームで開催されたAKB48の33rdシングル「ハート・エレキ」の握手会イベントでAKB48としての活動を開始した。AKB48兼任中はパフォーマンス能力を向上させるため、体幹トレーニングを取り入れた。2014年6月7日、『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』の開票イベントで14位を獲得し、AKB48のシングル選抜メンバーに初選出された。2014年12月31日、『第65回NHK紅白歌合戦』に初出場した。

2015年1月5日、『花とゆめ』に鈴木ジュリエッタの「神様はじめました」と生駒の「てーんちゃん」がコラボレーションしたクリアファイルが付録された。2015年3月26日、さいたまスーパーアリーナで開催された『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』でAKB48チームBとの兼任解除が発表された。2015年5月14日、AKB48チームB「パジャマドライブ」公演の「生駒里奈を送る会」をもってAKB48との兼任を終了した。2015年8月、映画『コープスパーティー』で初の主演を務めた。

2016年1月8日、乃木神社で成人式を迎えた。2016年1月11日、『新成人アワード2016』でグランプリを受賞した。2016年2月21日、ファッションブランド「ANNA SUI」の春夏ビジュアルモデルを務めることが発表され、任期は2016年2月23日から7月22日までの5か月間、特定ブランドとのモデル契約は初の出来事だった。2016年2月24日、初のソロ写真集『君の足跡』を発売、写真集は週間で1万6326部の売上を記録し、2016年3月7日付のオリコン週間ランキングの写真集部門で1位を獲得した。写真集は19歳の時に撮影され「着れるのも10代限定。20歳になったら似合わない」という理由からスクール水着姿も披露し、生駒の「写真集を出したい」という一言で関係者が動き発売にいたった。

2018年1月30日の『日刊スポーツ』によるインタビューで、乃木坂46からの卒業を明かし、翌日の31日には公式サイトと自らのブログでも卒業を発表した。20thシングル「シンクロニシティ」(2018年4月25日発売)をもって卒業することを決めており、ラストシングルとなる同曲ではセンターポジションを打診されていたが、自ら辞退した。また、2018年4月22日には日本武道館で自身の卒業コンサートが開催された。卒業コンサートのチケット当選倍率は30倍に達し、また乃木坂46では初めて、全国128の映画館でライブビューイングが実施された。2018年5月6日、幕張メッセで行われた20thシングル発売記念全国握手会をもって乃木坂46を卒業。乃木坂46の握手会史上最多の約3万5000人が集まった。2018年5月8日に公式ブログの5月末での閉鎖が発表された。5月14日、インスタグラムを開設。2018年10月6日、生駒里奈オフィシャルサイトを開設。

人物

愛称は、いこまちゃん、いこたん。自分の代名詞は、センターを務めた乃木坂46のシングルタイトルの「制服のマネキン」だという。弟がいる。アイドルになる前は、子ども好きであることから保育士や幼稚園の先生になりたかった。伊藤寧々は高校の同級生。足立梨花、喜多陽子、前田希美は友達。

嗜好


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
抽選先行

<カンフェティ取扱チケット>
暁シート:11,000円 ※特典付き
一般席:8,000円
(全席指定・税込)
2019年11月16日 (土) 〜
2019年11月23日 (土)
EX
THEATER
ROPPONGI