お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

林遣都



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

林 遣都(はやし けんと、1990年12月6日 - )は、日本の俳優。滋賀県大津市出身。スターダストプロモーション制作3部所属。

略歴

  • 2005年、中学3年生の修学旅行中に、渋谷駅のホームでスカウトされ芸能界入り。
  • 2007年、映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。同作品での演技が評価され日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テンなどその年の多くの新人賞を受賞。
2008年から映画出演が続き、『ちーちゃんは悠久の向こう』、『DIVE!!』、『ラブファイト』の主演を務める。
  • 2009年、地元・滋賀県内の高校を卒業し上京。『小公女セイラ』(TBS)で連続ドラマ初出演。
  • 2011年、『コヨーテ、海へ』(WOWOW)でテレビドラマ初主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』(MBS・TBS)で連続ドラマ初主演。
  • 2017年、映画『青禾男高』で中国映画に初出演。
  • 2020年6月11日放送の『世界は3で出来ている』(フジテレビ)は、林が主演かつ唯一の出演者として一人三役の一卵性三つ子役を演じて注目され、第58回(2020年度)ギャラクシー賞でテレビ部門大賞を受賞した。

人物・エピソード

  • 特技は書道と野球。
  • 中学3年生の時に友人らとバンドを組み、高校進学後は軽音楽部に所属してギターを担当していた。好きなミュージシャンは峯田和伸。
  • 兄弟は兄1人、妹1人の3人兄弟。
  • NHKアナウンサーの高瀬耕造と似ているとの声がネット上で上がっており、林もその話を耳にしているという。
  • 池松壮亮は恋人以上の存在であり、永遠のライバルである。
  • 10代の頃は身体能力の高さを見込まれたスポーツ映画への出演が多く、役作りのためのトレーニングはかなり過酷なものであったという。
  • テレビドラマ「おっさんずラブ」に出演した影響から、2020年7月に行われ、330人が投票に参加した「浴衣が似合う俳優ランキング」では、伊藤健太郎や玉木宏らを凌ぎ1位を獲得した。

受賞歴

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。