お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

キンタロー。



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

キンタロー。(1981年10月24日 - )は、日本の女性お笑いタレント、ものまねタレント、本名、田中 志保(たなか しほ)。

愛知県岡崎市出身。松竹芸能株式会社所属。利き手は左(ペンは右利き)。

キャッチフレーズは「良い子、強い子、可愛い子」。

来歴

愛知県岡崎市の家庭に長女として生まれる。実家はビジネス旅館。5歳年下の妹がいる。その妹には子供がいるため、キンタロー。には(妹方の)甥がいるということになる。

子供の頃からお笑い好きで、タレントのコロッケなどが好きだった。当時から、モノマネの芸などを母親ら相手に披露していたことがあった。ただ、中学生時代はそのお笑いの度が過ぎたのか、友人らに嫌がられることもあったという。

岡崎市立三島小学校、岡崎市立竜海中学校卒業。岡崎学園高等学校卒業後、関西外国語大学短期大学部卒業。中学生時代は演劇部で活動。高校1年生の夏休みのときにカナダへホームステイに行った(文部科学省の施策『トビタテ!留学JAPAN』を特集したNHK教育テレビの番組「テストの花道」では、高校時代にカナダに2度の短期留学経験があることを語っている)。

「スピーディでキレのあるダンスに一目惚れして」、大学生時代から競技ダンス部で活動し、学生当時に同学年の男子と組んで出場した社交ダンスの全国大会で第4位に入ったことがあった。その大学在学中に吉本興業の新喜劇「金の卵」オーディションに合格したが、当時競技ダンス部内で好きだった人に「お笑いかダンス、どっちかにしろ!」と言われ、ダンスの活動に専念するとしてその合格を辞退した。そのダンス部での活動経験を生かし、かつては名古屋市瑞穂区のダンススタジオで社交ダンスの講師をしていたが、2007年2月に母親が急死。ロンドンの世界大会の日本代表の座を勝ち取ったものの、父親の病気により家業を畳むために辞退した。さらにその頃、大きくなった頭が原因とされるヘルニアを首に抱え、ダンスを断念。その後は不動産会社に事務員として勤務していた。

その後、結婚式の余興の場で大学の先輩から一喝されたり、「もうお笑い界に入ってると思ってた」などと言われたのをきっかけに、29歳にして「天国にいるお母さんのために、頑張っている姿を見せたい。そうすることで、お母さんも笑ってくれるし、家族も元気になるに違いない」「やっぱりお笑いの世界へ進もう」と思うようになる。2010年4月にはZIP-FMナビゲーター&ナレータースクールに第1期生として在籍。トークの基礎を学び、同年9月には、愛知県丹羽郡大口町で行われた「第9回やろまい大祭」のイベント「第1回ビッグマウスコンテスト大口町の中心で大口を叩く!」で、「日本全国スマイル王国にするべく、私のお笑いエッセンスを注入するぞ!」と叫んで優勝。その後宣言どおり芸人を目指す為、会社を辞め上京。「ネットで検索したら画面の一番上に出たので決めた」という松竹芸能タレントスクールに20期生として2011年4月に入り、お笑いタレントに転身。タレントスクールでは、オーディションで授業料免除を勝ち取り、在籍していた。かつては東塚菜実子とのコンビ「シンプルズ」で活動していたこともあった。

2016年2月11日、ブサイク女芸人ユニット「SBK48」を始動。松竹芸能新宿角座で2公演、松竹芸能 DAIHATSU MOVE 道頓堀角座で1公演を行った。

同年10月5日、TBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の「金スマ社交ダンス」企画(放送日は同年10月7日)で、2017年秋に開催予定の世界選手権日本代表の座を射止めた。

フジテレビ『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(2017年6月2日放送)に松木坂46(まつのきざかフォーティシックス)として登場、欅坂46のものまねで「サイレントマジョリティー」を披露した。以後の同番組でも、「不協和音」(2017年9月8日放送)や「風に吹かれても」(2018年5月11日放送)も披露している。

キンタロー。初単独ライブ「kintalo。TV」を2017年6月10日に松竹芸能新宿角座で開催した(昼夜2公演)。

人物

ネタは一人コントの他、モノマネを演じることも多い。自分で自分を「負けず嫌いの努力家」と評している。

顔が大きいことから、小学6年生当時は「しょくぱんまん」と呼ばれていたことがあった。ただし、小学1年生当時は顔はあまり大きくなく、「愛知の安達祐実」と呼ばれていたことがあった。中学生時代にちょっとした引きこもりをしていた頃があり、その時はトールペインティング(木をキャンバスにして絵を描く)にはまっていたことがあった。進学先に大阪の大学を選んだのは、友人の「吉本に行きなよ」という言葉を思い出したことがきっかけだったという。

芸名はお笑い芸人になると決めてから名古屋の西区を歩いているとキンタローという看板が目に入ったためであったが、TKOの木本がキンタロー。の思いをまとめたところ的を射ていると思い、「男の子のように強くたくましくなるように」「男ばかりのお笑い界の中で、負けないように」ということにしている。なお、句点(。)はネットで画数診断を調べた上で付け足したという。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
S席(A〜O列):13,000円
S席(1階P・Q列):13,000円 → 特別価格!
S席(GC階):13,000円 → 特別価格!
S席(2階A〜E列):13,000円 → 特別価格!
A席:8,000円 → 特別価格!
(チケット購入ページにて公開!)
B席:4,000円
(全席指定・税込)

日生劇場『プリシラ』座席図はこちら

【ご注意】
★カード決済のみ。12/15(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年3月9日 (土) 〜
2019年3月30日 (土)
日生劇場