お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

林家きく麿



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

林家 きく麿(はやしや きくまろ、1972年7月16日 - )は、落語家。落語協会所属。福岡県北九州市八幡東区出身。本名?高田 大輔

経歴

福岡県立東筑高等学校卒業後、1996年(平成8年)11月、初代林家木久蔵(現:林家木久扇)に入門。前座名 十八(とっぱち)。翌年3月、楽屋入り。

2000年(平成12年)5月、二ツ目昇進。林家きく麿に改名。2010年(平成22年)9月、入船亭扇里、三遊亭鬼丸、三代目蜃気楼龍玉、五代目柳家小せんと共に真打昇進。

芸歴

  • 1996年11月?初代林家木久蔵に入門、前座名「十八とっぱち」。
  • 1997年3月?楽屋入り。
  • 2000年5月?二ツ目昇進、「きく麿」と改名。
  • 2010年9月?真打昇進。

人物

瀧川鯉八に顔が似ている。きく麿の真打ち昇進パーティーで鯉八が受付をしていた際、親戚が間違って鯉八に「あんた、早く着物に着替えなさいよ」と声をかけた。

小学生時代に、子供会の廃品回収で早乙女愛のヌード写真集を入手。写真集は秘密の場所で大事に保管していた。後日、友人数名と秘密の場所へ向かっていると、前から「早乙女愛 写真集」を脇に抱えた工事のおじさんとすれ違った。心が軽く折れる。

隠していた大人の雑誌を取りに秘密の場所へ行ったところ、野生の猿と遭遇。小学校の修学旅行で習った高崎山での猿の対処法「目を会わせるな」「ポケットに手を入れるな」を即座に実行し難を逃れる。本人「なかなかのサイズの猿」。

中学三年生の文化祭、クラスの出し物竹取物語で自薦で主人公・かぐや姫を演じる。

弟子

見習い

  • 林家十八

出演番組


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。