お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

コトリンゴ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

コトリンゴ(ローマ字表記はkotringo、本名:三吉里絵子、1978年7月17日 - )は、日本の音楽家。

来歴

大阪生まれ。5歳でピアノを始め、7歳で作曲をするようになる。大阪、福岡、名古屋と転居し、高校卒業後、神戸の甲陽音楽院に入学。同校を卒業ののち特別奨学金を得て1999年、バークリー音楽大学に留学、ジャズ作編曲科/ピアノ演奏科専攻。

2003年学位取得後、ニューヨークに生活拠点を移し、2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。

2006年3月、坂本龍一のラジオ番組J-WAVE『RADIO SAKAMOTO』のオーディション宛にデモテープを送り、それが坂本の耳に留まる。同年11月commmonsより『こんにちは またあした』でデビュー。

コトリンゴという名前は、自身が大好きな「小鳥」と毎日食べていた「りんご」を合わせてできたもの。また曲作りの際に使っていたパソコンもMacだったため。本人はインタビューで「本名でやりたいと言ったが、一曲目だけコトリンゴでリリースして、後で変えてもいいからと言われて結局そのままに」と語っている。

2009年、東京での初のバンド・ワンマンライブを代官山UNITにて行う。

2013年、メンバー6人の新体制となったKIRINJIに加入、2017年12月まで活動。

2016年11月、映画『この世界の片隅に』の音楽を担当。毎日映画コンクール音楽賞、日本アカデミー賞優秀音楽賞、おおさかシネマフェスティバル2017音楽賞 を受賞。

2017年1月、『小林さんちのメイドラゴン』劇伴制作参加時より、伊藤真澄、コトリンゴ、Babi、良原リエからなるトイピアノカルテット、toi toy toiとして活動。2017年4月、『アリスと蔵六』では、toi toy toiでエンディングテーマを担当。シングル『Chant』をリリース。

2017年11月8日、アルバム『雨の箱庭』を自身のレーベルkoniwaからリリース。

2018年10月、初の海外ツアー、南米アルゼンチン公演を行う。

同年11月、初のライブアルバム『Slow LIVE at HONMONJI 〜箱庭でピチカート〜』を発表。

ディスコグラフィー

アルバム


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。