お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小林亮



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小林 亮(こばやし りょう、1982年9月12日 - )は、埼玉県与野市(現・さいたま市中央区)出身の元プロサッカー選手。ポジションはディフェンダー(主にサイドバック)。元プロサッカー選手、サッカー指導者の小林慶行は実兄。妻はモデルの東麻美。

来歴

与野西北小学校、八王子中学校、武南高等学校、駒澤大学を経て、2005年に柏レイソルに入団。同年4月9日にデビューし、早々と試合に出始める。本職の右サイドバックの位置には当時波戸康広がいたため、センターバックとしてプレーすることも多かった。新人らしい勢いのあるプレーを見せたものの、チームのシーズン最終順位は16位。J1・J2入れ替え戦にも敗れ、J2降格の憂き目に遭った。

2006年、監督が石崎信弘に交替し、前年度の主力メンバーが抜けた中で右サイドバックのレギュラーポジションを奪取。プレーにも自信を付け、1対1の局面での積極的な仕掛けと、ドリブル突破からのミドルシュートなど攻撃面での成長が光った。右サイドハーフを務める谷澤達也とは特に良いコンビネーションを見せ、2年目ながら48試合中44試合に出場し、チームのJ1復帰に大きく貢献した。

藏川洋平らの台頭もあり、チーム内のポジション争いが激しくなる中で、サイドハーフでプレーする機会も増えていた。

2008年は、出場機会を求め大分トリニータに期限付き移籍。その大分でも出場機会は限られたが、選手層の薄い大分にあって、豊富な運動量と複数のポジションでプレーできる小林は貴重なバックアッパーとしてチームに貢献した。

2009年は、J1初昇格のモンテディオ山形に期限付き移籍。長谷川悠と共に柏からの期限付移籍でプレーすることとなった。2011年に完全移籍。

2015年、ザスパクサツ群馬へ完全移籍。シーズン終了後に現役を引退し、2016年からFC町田ゼルビアのコーチに就任した。

エピソード

柏時代に高齢者施設を訪問したことをきっかけに、「サッカーで福祉活動ができないか」と考え、NDスタのメインスタンド5席を購入し「コバリョウシート」として提供している。

所属クラブ

ユース経歴
  • 与野西北SSS
  • 1997年 - 1999年 大宮FC
  • 1998年 - 2000年 武南高等学校
  • 2001年 - 2004年 駒澤大学
プロ経歴
 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
追加販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席指定(前売):5,000円
500円割引!5,000円 → カンフェティ席4,500円!(税込)
2018年3月13日 (火) 〜
2018年3月15日 (木)
MUSICASA