お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

美弥るりか



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

美弥 るりか(みや るりか、9月12日 - )は、日本のアーティスト。元宝塚歌劇団月組2番手スター。

茨城県古河市、桜丘女子高等学校出身。身長168cm。血液型O型。愛称は「るりか」、「るり」、「みやちゃん」。

来歴

2001年4月、宝塚音楽学校入学。

2003年3月、宝塚歌劇団に89期生として入団。入団時の成績は4番。月組公演「花の宝塚風土記/シニョール ドン・ファン」で初舞台。その後、星組に配属。

2005年7月から1年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第4期スカイ・フェアリーズを成花まりんと務める。

2009年、「太王四神記 Ver.II」で、初の女役を演じる。

2010年、「ハプスブルクの宝剣」で、新人公演初主演。同年10月、POND'Sの広告キャラクターに、同期の明日海、望海、蓮城、凪七らと選抜される。

2012年4月1日付けで月組へ組替え。

2014年、「New Wave!−月−」(バウホール公演)に、メインキャストとして出演。同年、「THE KINGDOM」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、凪七瑠海とダブル主演。

2017年、珠城りょう・愛希れいか大劇場お披露目となる「グランドホテル」で、初演でトップスター涼風真世が演じたオットー役に挑み、新生月組の2番手デビューを果たす。同年、「瑠璃色の刻」(ドラマシティ・赤坂ACTシアター公演)で、単独初主演。初めてのディナーショー「Razzle」を開催。

2019年、『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』でバウホール初主演でヴィロンスキー役を演じる。同千秋楽はライブビューイングも実施された。

同年6月9日、『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クルンテープ 天使の都』東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

同年8月18日、舞浜アンフィシアターにて宝塚歌劇団退団後初のライブを開催予定。

人物

趣味はアート鑑賞、自然に触れること。好きな色は紫、黒、ショッキングピンク。好きな食べ物は和食。好きな花はバラ、芍薬。演じてみたい役は「ロスト・エンジェル」のメフィストフェレス。好きな言葉は「千紫万紅」。紅5メンバー。愛猫はアビシニアン。

幼少期は神奈川県藤沢市で過ごし、3歳のときに父親の出身地である茨城県古河市に引っ越す。4歳上の姉がいる。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。