お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

Setsuko



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

Setsuko(せつこ、9月1日)は日本の女優、シンガー。神奈川県横浜市出身。武蔵野音楽大学附属高等学校音楽科、武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。

来歴

幼少期はNHK東京放送児童劇団に在籍し、舞台、テレビ、ラジオなどで活動。日本伝統芸能においては幼少期に長唄を人間国宝の杵屋佐登代に師事。

大学卒業後は、東京ニューシティ管弦楽団との共演や、サントリーホール、東京オペラシティー等、都内主要ホールのコンサートに出演する他、六本木STB139スイートベイジルや、JZブラットサウンドオブトウキョウ等のJAZZライブハウスを、ライブ毎に満席にする。また、海外からのオファーも多く、ニューヨーク、香港、パリ、その他様々な国で開催されたコンサートやライブに出演。

尚美ミュージックカレッジにてヴォーカル科・ミュージカル科・声優科の講師を務める傍ら、自身が経営するレッスンスタジオ、S&S Entertainment Studioを設立。

2016年3月、多くの学生や講師陣に惜しまれつつも尚美ミュージックカレッジを退職。それまでもライブやコンサート活動と共に舞台出演も重ねてきたが、ここから本格的に女優に転身する。

女優として

大学卒業後から、シンガーや声楽家としての活動が主であり、女優としては2000年代に数回行う程度であったが、2014年より女優業再開。近年では、自身が企画・主演を務めた舞台、『ピアフ〜私は何も後悔しない〜』(作:森本ジュンジ)をきっかけに、ブラット・ピットやハル・ベリー、ビヨンセといったハリウッド俳優の演技コーチであるイヴァナ・チャバック氏に出会い、ハリウッドで同氏本人より直接指導を受け、称賛をうける。

先述の舞台は、小林七緒(流山児★事務所)演出のもと2017年12月東京芸術劇場にシアターウエストにて上演され、代表作となる。

以降、数々の舞台作品に次々と出演。作品や役への取り組みの深さと確かな表現力は、多くの演出家からも信頼を寄せられている。

主な出演

舞台

  • NHKシアターカンパニーミュージカル多数出演
  • ヤングジャパンシアターミュージカル多数出演
  • ミュージカル『WILL』(2001年)タカコ役
  • 一人オペラ『女優 M』(2002年)主演マリリンモンロー役

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):5,500円
全席指定(高校生以下):2,500円
(税込)
2019年11月6日 (水) 〜
2019年11月10日 (日)
テアトルBONBON

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
20名限定!一般5,500円 → 【指定席引換券】4,700円さらに300Pゲット!
2019年11月6日 (水) 〜
2019年11月10日 (日)
テアトルBONBON