お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

芸映



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

株式会社芸映(げいえい)は、東京都目黒区にある芸能事務所である。

沿革

1957年、「伴淳三郎東京事務所」と兼ねる形で設立した「東京芸映プロダクション」を前身とする。1959年3月10日、中央区銀座8-19に「株式会社芸映」の社名で発足(初代社長は医師で画家の宮田重雄)。1961年、喜劇俳優の伴淳三郎が2代目社長に就任。

発足当時は外国テレビ映画『アラゴンの城塞』『遥かなる戦線』『忘れられた人々』『独逸かく戦えり』『命ある限り』などを輸入したり、角丸証券、東洋レーヨンなどのCF制作が中心の企業であった。

1962年、タレントのマネジメント業に進出。以降、エミー・ジャクソンの「涙の太陽」(1965年)、いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」(1968年)のヒット等で礎を築く 。

1965年、芸映音楽出版を設立。

1968年、伴のマネージャーだった青木伸樹が3代目社長に就任。

長らく赤坂のアマンド向かいのビルに事務所を構えていたが、1998年から目黒区に移転している。

歴史

  • 1972年 - 西城秀樹デビュー
  • 1973年 - 浅田美代子デビュー
    • 西城秀樹が「ちぎれた愛」で第15回日本レコード大賞・歌唱賞受賞
    • 浅田美代子が「赤い風船」で第15回日本レコード大賞・新人賞受賞、TBS・水曜劇場「時間ですよ」に出演
  • 1974年
    • 西城秀樹が「傷だらけのローラ」で第16回日本レコード大賞・歌唱賞、第5回日本歌謡大賞・放送音楽賞受賞
    • 西城秀樹、浅田美代子がTBS・水曜劇場「寺内貫太郎一家」に出演
  • 1975年 - 岩崎宏美デビュー、相本久美子移籍
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。