お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

ポムポムプリン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ポムポムプリン(ラテン文字表記:Pom Pom Purin)は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。デザイナーは地井明子。別名、ぼく、プリン

主人公、プリンは、ゴールデン・レトリバーの男のコをモチーフにしたキャラクターである。

来歴

1996年に「犬キャラクターデザインコンペ」が開催され、社内コンペで残った3種のうち、最終的にサンリオ直営店での得票数が一番高かったことから開発に至る。当初の作品タイトル名は「ぼく、プリン」であった。『いちご新聞』の同年7月号にて初登場。同年、『ハローキティとバッドばつ丸』にてテレビ出演。その後、インパクトのあるネーミングに変更したいという意向から『ポムポムプリン』の名称になった。 

『いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」で1997年度の1位を受賞した。ノミネート初年度での1位獲得は、同企画史上初のことであった。

1998年、プリンの友達であるネズミの「スコーン」が登場。また、同年頃から「ポムポムプリン」というタイトル名が使われるようになる。1999年にはリスの「ベーグル」、ウサギの「パウダー」、カエルの「ミント」などのキャラクターが登場している。

2000年には、プリンの住む街の全体像が公開される。同年、カモメの「シロップ」が登場する。その後も、次々と友達のキャラクターが増えていった。2003年から2009年までは商品展開が休止されたが、2006年3月まで『キティズパラダイス』にてキティとばつ丸と共にテレビに出演していた(同年4月の放送からシナモンと交代になった)。

2010年から商品展開が再開し、ゴールデンレトリバーの女の子「マカロン」が登場。インテリアグッズなどの新しい商品展開も行われた。

2018年度からは、新キャラクターとして双子のハムスターである「ビスケ」「クッキー」が登場した。

設定

プリンの誕生日は4月16日で、お天気のいい日。「プリン」という名は、ベレー帽をかぶった姿がプリンに似ていることから名づけられた。

プリンの趣味はお昼寝、お散歩、靴集め(ただし片方だけ)。特技はプリン体操。チャームポイントはお尻の穴。

家族は父、母、祖母、祖父がおり、父親は探偵、母親はケーキ屋に勤務している。一人息子。

好きな言葉はお出かけで、嫌いな言葉はお留守番。

親友はハムスターのマフィン(雄)。2002年には、マフィンの独立したキャラクターグッズ「ポムポムマフィン」が発売された。マフィンの他にねずみの「スコーン」、りすの「ベーグル」、うさぎの「パウダー」、カエルの「ミント」、ペンギンの「ホイップ」、カモメの「シロップ」、とりの「カスタード」、さるの「ココナッツ」、ロップイヤー(うさぎ)の「タルト」、しろくまの「バニラ」、双子のハムスター「ビスケ」「クッキー」がいる。

プリンと対をなす雌のゴールデンレトリバーとして「マカロン」が存在するが、デザイナーによるとガールフレンドではなく、プリンは少々気があるだけなのだという。

体重はスイカ1個分、身長はビックプリン5個分。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。