お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

長島茂



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

チョー(1957年12月15日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター、作詞家、作曲家。埼玉県鴻巣市出身。俳協所属。

旧芸名は長島 雄一(ながしま ゆういち)。斎藤志郎とは文学座演劇研究所の同期。

代表作は、顔出し出演は『たんけんぼくのまち』(チョーさん)、声優としては『いないいないばあっ!』(ワンワン ※スーツアクターも兼任)、『ONE PIECE』(ブルック)、『ロード・オブ・ザ・リング』(ゴラム)、『夏目友人帳』(ちょびひげ)、『賭博黙示録カイジ』(大槻太郎)など。

経歴

二松學舍大学文学部国文学科卒業。

文学座演劇研究所、青年座研究所実習科等を経て、1986年よりぷろだくしょんバオバブに所属。2007年、東京俳優生活協同組合に移籍する。

2006年8月23日付けで、『たんけんぼくのまち』で扮したキャラクター「チョーさん」から芸名を「チョー」に改めた。改名前から出演している番組やドラマCDのキャスト紹介では括弧書きで(長島雄一)と併記されることがある。

『ロード・オブ・ザ・リング』でゴラムの日本語吹き替えを務めた際に、ゴラム役を演じたアンディ・サーキスが来日した際に本人と共演を果たした。以後サーキスが演じるキャラクターの吹き替えを多く担当している。

また、顔出しでメディアに出演する際は、『たんけんぼくのまち』で扮したキャラクターと同じような丸縁の眼鏡を掛けて出演する機会が多くなってきている。

死去した寄山弘や松尾銀三、北村弘一、亀山助清、石森達幸、愛川欽也、田口昂、後藤哲夫から持ち役の一部を引き継いでいる。

2018年、第12回声優アワードにて富山敬賞を受賞。

2009年、みうらじゅん賞を受賞。

声優以外の活動

たんけんぼくのまち

現芸名の「チョー」は、かつてNHK教育テレビの『たんけんぼくのまち』で「チョーさん」として出演していたことに由来するもので、番組放送中は愛称としても使われた。この番組を始めた当初は、本名の「長島茂」名義で出演していた。

番組終了後の一時期には「チョーさん死亡説」が流れたこともある。この「チョーさん死亡説」は、後に出演した『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ』で、これを基にしたアドリブを入れたほか、前に所属していた事務所のボイスサンプルで「チョーさんまだ生きてるよ」とコメントしたり、『たんけんぼくのまち 2009』のチョーさんが登場するシーンで「生きてるよ」と口にするなど、自らギャグにすることもある。

『ETV50 もう一度見たい教育テレビこどもスペシャル たんけんぼくのまち 2009』(2009年5月5日)では胸に「ごらんの有様だよ」と書かれたTシャツを着用し、『とくせんETV』「たんけんぼくのまち」(2009年10月2日)では胸に「過去の人」と書かれたTシャツを着用して出演した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。