お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

横澤夏子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

横澤 夏子(よこさわ なつこ、1990年7月20日 - )は、日本の女性お笑いタレント、女優。

新潟県糸魚川市出身。身長169.6?cm、血液型A型。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。東京NSC15期生。同期にはマテンロウ、デニス等がいる。

略歴・人物

  • 小学生、中学生、高校生各時代でそれぞれ生徒会副会長を務めていた。理由はとにかく目立ちたかったからということで、芸人を目指したのも同様の理由だという。
  • 父は中学校教諭、母はカウンセラー。また祖父は本人曰く「地元の権力者のような人」だという。
  • 卓球が特技の一つで、県大会優勝の経験がある 他、横澤家は卓球一家でもあり、家族全員で地域の大会に出場した時には家族全員が優勝した。ちなみに家族全員カットマンである。
  • ベビーシッターの資格を持つ。アルバイトでベビーシッターの他、観光バスの添乗員など、20 - 30の職を経験。これらのアルバイト経験も、自分の一人芸を磨くきっかけになったとのこと。
  • 地元の糸魚川市主催のミスコンテストでの優勝を本気で狙いに行き、地元紙のインタビューでアピールしたり、市長にもおねだりしたものの、結局はこのミスコンのエントリー自体が取り消される結果となった、ということがあった。
  • 初めて観たお笑いライブは、中学3年生の時で、ルミネtheよしもとでのライブ。
  • 高校卒業後、NSC東京校に第15期生として入学。NSCにはコンビ志望で入ったが組むことが出来ず、授業でネタ見せ出来なかったことが続いた後、「一人でもいいや」と思ってピンネタを披露したら好評だったとのことで、以後一人でやり続けているという。初舞台はヨシモト∞ホールで19歳の時だったが、この時、電子ピアノを弾くネタをやろうとしたが、ピアノが鳴らずに失敗に終わり、これがトラウマになって以後ピアノは使っていないと言う。
  • 2012年2月4日に、初めてとなる単独ライブ『ラッキーガール』(東京・新宿 シアターブラッツ)を行った。
  • 2015年3月、ヨシモト∞ホール(東京・渋谷)で行われた若手芸人コンテスト『彩バトル』で女性で初の優勝。
  • 最初に好きになったお笑いコンビはタカアンドトシで、これは衝撃を受けたほどとのことだったと言う。また、憧れのお笑いタレントは上沼恵美子。
  • R-1ぐらんぷりでは、2011年と2015年に準決勝進出。
  • 2015年時点で、ネイリストと同居している。
  • 先輩であるトレンディエンジェルたかしとは一緒に豊島園などに行くほど仲良しである
  • よしログ30では西村ヒロチョと共に金曜日のレギュラーを務めており、またニューヨークやデニスといった同期と仲が良い。
  • その他、スパイクの二人やパンサー向井と仲が良い。向井とはパワー☆プリンで共演した当初は「苦手な人」と言っていた が、今は横澤の誕生日に一緒にケーキを食べに行くほど仲良しである。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。