お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

愛希れいか



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

愛希 れいか(まなき れいか、1991年8月21日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。

福井県坂井市、坂井中学校出身。身長167cm。血液型A型。愛称は「ちゃぴ」。

所属事務所はアミューズ。

来歴

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団。入団時の成績は14番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で男役として初舞台。その後、月組に配属。

2010年、「ジプシー男爵」で、後に相手役となる龍真咲の恋人役に抜擢を受け、初めて女役を演じる。

2011年5月30日付で娘役へと転向。同年、「アルジェの男」で新人公演初ヒロイン。続く「アリスの恋人」(バウホール・日本青年館)で、バウホール・東上公演初ヒロイン。

2012年、霧矢大夢・蒼乃夕妃トップコンビ退団公演となる「エドワード8世」で、2度目の新人公演ヒロイン。同年4月23日付で、龍真咲の相手役として月組トップ娘役に就任。「ロミオとジュリエット」でトップコンビ大劇場お披露目を果たす。

2016年に龍が退団後は、天海祐希に次ぐスピード就任となった珠城りょうを2人目の相手役に迎え、翌年の「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」で新トップコンビ大劇場お披露目。同公演の演出家トミー・チューンには、「言葉の壁がなければブロードウェーにも立てる」と高く評価された。

2018年、「愛聖女(サントダムール)」で、娘役としては異例のバウホール公演初主演。トップ娘役のバウホール主演は月影瞳以来17年ぶりとなった。同年11月18日、「エリザベート」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。トップ在任期間はトータル6年7か月に渡り、花總まり・遥くららに次ぐ歴代3番目の記録となった。同年12月よりアミューズ所属となり、芸能活動を開始。

2019年、東宝ミュージカル「エリザベート」に出演。自身が退団公演で演じたタイトルロールのエリザベート役を再び演じることとなった。

人物

3歳からクラシックバレエを習い始め、小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きだった。

小学3年の時に、地元に来た宙組全国ツアー「エクスカリバー/シトラスの風」を観て、宝塚のファンになった。

学生時代は、バレエと両立できる放送部に所属していた。

中学卒業時に音楽学校を受験し、1回で合格した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。