お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

能楽協会



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

公益社団法人能楽協会(こうえきしゃだんほうじん のうがくきょうかい)とは、大和猿楽四座の流れを直接継承している流派に所属する能楽師によって構成される団体である。

概要

現在、能楽と呼ばれる芸能は、明治14年(1881年)能楽社の設立を機に猿楽を改称したものである。猿楽は室町時代に観阿弥、世阿弥、音阿弥、金春禅竹らによって大成され、織豊期に観世座、宝生座、金春座、金剛座のいわゆる大和猿楽四座が、黒川能などの例外を除くと寡占的な地位を占めるに至った。

大和猿楽四座は江戸時代に入ると江戸幕府の正式な音楽担当者と位置づけられ、金剛座から分かれた喜多流を加えて四座一流と呼ばれた。能楽協会は、この四座一流に所属していた諸流派の系譜を継ぐ能楽師たちのうち、素人の習い事としての能楽ではなく、能楽上演を職業とする者が所属する職能団体である。

  • 設立:1945年9月
  • 所在地:東京都新宿区高田馬場4-40-13 双秀ビル

組織

  • 理事長:野村萬
  • 副理事長:福王茂十郎
  • 専務理事:本田光洋、香川靖嗣、武田宗和、前田晴啓、上田貴弘、観世元伯
  • 理事:浅井文義、一噌隆之、井上裕久、大倉源次郎、金井雄資、観世銕之丞、観世喜正、國川純、善竹十郎、辰巳満次郎、種田道一、成田達志、森常好
  • 監事:秋元実、大塚和成、中村元彦
  • 顧問:観世清和、金剛永謹

(2010年7月現在)

入会資格

シテ方は観世流、宝生流、金春流、金剛流、喜多流、ワキ方は高安流、福王流、宝生流、笛方は一噌流、森田流、藤田流、小鼓方は幸流、幸清流、大倉流、観世流、大鼓方は葛野流、高安流、石井流、大倉流、観世流、太鼓方は観世流、金春流、狂言方は大蔵流、和泉流に所属する能楽師で、所属する流派の宗家および既に能楽協会の会員である者一名の推薦が必要とされる。また廃業の際には退会しなければならず、能楽協会会員であることが職業人としての能楽師であることと事実上は同義となっている。

なお、かつて四座一流に所属していた流派であっても、笛方の春日流のように既に廃絶した流派は入会資格に示されていない。また鷺流は佐渡島に残存しているが、やはり能楽協会入会資格は無い。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。