お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

斎藤圭土



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

斎藤 圭土(さいとう けいと、Keito Saito、1978年11月18日 - )はブギウギ・ピアニスト、作曲家。神奈川県横須賀市出身。

人物

  • 2002年より ピアノ・デュオ「レ・フレール」のメンバーとして活動開始。2006年11月8日にピアノデュオレ・フレールのメンバーとしてユニバーサルよりアルバム『Piano Breaker』でメジャーデビュー。
  • 2008年11月18日、ユニバーサルよりアルバム『Boogie Woogie Far East』でソロデビュー。2014年より Vianoのメンバーとして活動開始。
  • 影響を受けたアーティストのアクセル・ツヴィンゲンベルガーのほか、ハンク・ジョーンズ、ヴァスコ・ヴァッシレフ、池宮正信、野口聡一、大江千里、森山良子、古澤巌、辻井伸行らと共演している。
  • 来歴

    • 1978年、神奈川県横須賀市に生まれる。
    • 1984年、6歳の時、ピアノを習い始める。
    • 1993年、15歳の時、ルクセンブルク国立音楽学校(Conservatoire de musique de la Ville de Luxembourg)にクラシック音楽を学ぶため留学。
    • 1995年、17歳の時に帰国。
    • 2000年 ドイツ・ミュンヘンにおいてアクセル・ツヴィンゲンベルガーと共演。
    • 2002年9月、ピアニストである兄、斎藤守也と、ピアノデュオユニット「レ・フレールを結成。
    • 2006年11月、「レ・フレール」メンバーとして、アルバム「Piano Breaker」でユニバーサルよりメジャーデビュー
    • 2008年11月、『Boogie Woogie Far East』でユニバーサルよりソロデビュー
    • 2014年2月、ヴァイオリニストのヴァスコ・ヴァッシレフと、ピアノ×ヴァイオリンのユニット「Viano」を結成。スペインツアーを開催。
    • 2014年4月、「Viano」メンバーとして、アルバム『Dos Caballos』でユニバーサルよりデビュー。ジャパンツアーを開催。

    コンサート

    その他多数


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。