お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

野坂実



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

野坂 実(のさか みのる、1974年 - )は、日本の劇作家・演出家である。

来歴

福井県出身、関西の大学に進学するまで、演劇とは無縁の生活をしていた。

将来、どのように生きていくか考えた際、友人の勧めで、加藤健一事務所俳優研究所に入所を決める。

1998年、加藤健一事務所俳優研究科を卒業。2002年、文学座、加藤健一事務所の卒業生を中心に「クロカミショウネン18」を旗揚げ。同劇団の作品のすべての演出、脚本を担当する。(第13回公演『祝/弔』で動員2000人突破 2012年に解散)

2004年に「モザイク」で佐藤佐吉賞脚本部門の優秀賞を受賞。

2005年「パルテノン多摩小劇場フェスティバル最優秀作品賞」を受賞し、2007年、フジテレビ主催の演劇フェスティバル「お台場 SHOW-GEKI城」でフジテレビ推薦枠にて作品を上演。

2008年テレビ東京主催公演『ガンまげ』(@新宿紀伊国屋ホール)の演出に抜擢されるなど注目が集まる。

以後、2009年、劇団スーパーエキセントリックシアター<座長、三宅裕司>30周年記念本公演『ステルスボーイ』(@東京芸術劇場中ホール)の脚本や、2011年、東京グローブ座プロデュース『トラベリング』(主演、佐藤アツヒロ)の作・演出、『ベイビーベイビーベイビー』主催/社団法人日本劇団協議会H22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 創作劇奨励公演、海外戯曲上演ユニット「FAKE STAR」の立ち上げなど、劇団以外の活動も広げていく。

2013年、声優・豊口めぐみと演劇ユニット「東京ジャンケン」を結成。現在は、声優・水島裕、山寺宏一らと演劇ユニット「ラフィングライブ」の共同主宰を努めている。

クロカミショウネン18

野坂が主宰、演出、脚本を担当し、小劇場を中心に活動した演劇団体。2012年に解散している。

  • 2002/05「アイカギ。」王子小劇場 全5ステージ
  • 2002/11「サーモン大使館」王子小劇場 全6ステージ
  • 2003/06「コクハクチ。」王子小劇場 全7ステージ
  • 2003/12「ニセモノ。」王子小劇場 全9ステージ

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。