お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

三好十郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三好 十郎(みよし じゅうろう、1902年4月23日 - 1958年12月16日)は昭和初期から終戦後の復興期にかけて活動した劇作家、詩人。

来歴

佐賀市生まれ。12歳で両親を失う。早稲田大学英文科卒業。早稲田大学在学中から試作を発表し、プロレタリア劇の作家として活動を始めた。その後、左翼的な活動に疑問を覚えたとして組織を離脱。

1928年9月20日、『首を切るのは誰だ』報知講堂、左翼劇場第2回公演で初演。1940年3月23日-4月11日『浮標』築地小劇場、新築地劇団、で初演、『文学界』1940年6月号-8月号にを発表。

戦後は、近代の既成文学全般への批判を貫き、無頼派の一人といわれる。

1951年(昭和26年)9月、雑誌『群像』に「炎の人」を発表、初演は9月16日-9月28日新橋演舞場、民芸で。10月-11月、12月三越劇場で再演。

2001年4月23・24日ETVにて「吉本隆明がいま語る・炎の人・三好十郎」放映。詩人・思想家・文芸批評家吉本隆明と京都三月書房宍戸恭一らが三好十郎の生涯と作品を論じた。

関連項目

  • 多磨霊園
  • 劇団民芸
  • フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 吉本隆明
  • 宍戸恭一

著書

  • 『炭塵』中央公論社 1931
  • 『斬られの仙太 天狗外伝』ナウカ社 1934 
  • 『妻恋行 他三篇 リアリズム文学叢書』文学案内社 1937 
  • 『戯曲三日間』桜井書店 1943

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。