お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

三好十郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三好 十郎(みよし じゅうろう、1902年4月23日 - 1958年12月16日)は昭和初期から終戦後の復興期にかけて活動した劇作家、詩人、小説家。

来歴

佐賀県佐賀市八戸町生まれ。戸籍上は父の兄の子で、旧姓は森。孤児として育つ。4歳で三好家の養子になり、12歳で両親と育ててくれた祖母を失う。佐賀中学校を経て、早稲田大学英文科卒業。早稲田大学在学中の1924年(大正13年)に「早稲田文学」に詩「雨夜三曲」など五篇を発表してデビュー。サンジカリズムからマルクス主義に接近。壺井繁治らと左翼芸術同盟を結成し、ナップの下部組織プロット(日本プロレタリア劇場同盟)に属して、プロレタリア劇の作家として活動。その後、左翼的な活動に疑問を覚えたとしてプロットを離脱。PCL(東宝の前身の一つ)にシナリオライターとして4年間在籍した。

1928年9月20日、処女脚本『首を切るのは誰だ』を報知講堂、左翼劇場第2回公演で初演。1940年3月23日-4月11日、『浮標』を築地小劇場、新築地劇団で初演、『文学界』1940年6月号-8月号に戯曲として発表。転向期の作品として評価された。

戦後は、近代の既成文学全般への批判を貫き、無頼派の一人といわれる。進歩的文化人を痛罵した評論集『恐怖の季節』も話題を呼ぶ。

1951年(昭和26年)9月、雑誌『群像』にゴッホを描いた「炎の人」を発表、初演は9月16日-9月28日新橋演舞場、劇団民芸。10月-11月、12月三越劇場で再演。第3回読売文学賞戯曲賞を受賞した。ゴッホは徹頭徹尾「貧乏人の画家」であると評し、生涯愛した画家であった。

「彦六大いに笑ふ」「斬られの仙太」など映画化された作品も多く、1951年に東映で製作された『拳銃地獄』は三好の「肌の匂い」が原作である。

1958年、肺結核で死去した。

2001年4月23・24日ETVにて「吉本隆明がいま語る・炎の人・三好十郎」放映。詩人・思想家・文芸批評家吉本隆明と京都三月書房宍戸恭一らが三好十郎の生涯と作品を論じた。

関連項目

  • 多磨霊園
  • 劇団民芸
  • フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 吉本隆明
  • 宍戸恭一

著書

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。