お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

三浦透子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三浦 透子(みうら とうこ、1996年10月20日 - )は、日本の女優、歌手。北海道出身。ユマニテ所属。

来歴

2002年、6歳の時に3000人のオーディションを勝ち抜き、2代目なっちゃんとしてサントリー「なっちゃん」のCMに出演し、話題になる。10月には、ドラマ『天才柳沢教授の生活』にレギュラー出演した。

2007年にテレビドラマ『チョコミミ』にレギュラー出演。また、2011年のテレビドラマ『鈴木先生』でも、個性の強い役柄で原作の持つ雰囲気を再現し、高評価を受けた。

2012年7月、エイベックス・マネジメントからユマニテに移籍する。

2015年には、第一三共ヘルスケア『ミノン全身シャンプー』テレビCMソングである「おかあさんへ」で歌手デビューを果たすと、映画『ロマンス』のエンディングテーマの「Romance 〜サヨナラだけがロマンス〜」を歌唱した。2017年には全9曲のカバーアルバム『かくしてわたしは、透明からはじめることにした』をユニバーサルミュージック内のレーベル・USM JAPANよりリリースし、CDデビューを果たす。

2019年、同年7月19日公開のアニメーション映画『天気の子』(新海誠監督)の劇中音楽を担当したRADWIMPSの野田洋次郎により、主題歌「祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子」「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」のボーカルに抜擢された。両曲を収録したアルバム『天気の子』が映画公開当日に発売されたほか、8月9日にはテレビ朝日系列の『ミュージックステーション』にRADWIMPSとともに出演し、新海による映画の特別映像を背に「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」を披露。さらに、8月28日に開催されたRADWIMPSの「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」の横浜アリーナ公演にゲスト出演し、RADWIMPSとともに「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」を歌唱した。

エピソード

歌手デビューのきっかけは、2014年に放送されていたライオンのテレビCM『働く女性への応援歌』編に女優として出演したことである。CMは、ある楽曲のワンフレーズを、三浦を含む複数の女性が口ずさむというものであったが、CMの監督であったタナダユキに「すっごい声がいいから歌ったほうがいいよ」と声をかけられた。三浦自身はそれをお世辞だと思っていたが、タナダは実際に自らが手がける作品(第一三共ヘルスケア『ミノン全身シャンプー』テレビCMソング、映画『ロマンス』)の楽曲を三浦にオファーしている。

また、映画『天気の子』の音楽を担当したRADWIMPS・野田洋次郎は同作の主題歌を制作した際、「僕ではない誰か女性の声で歌が入ってほしい」と感じ、実際に約1年もの間オーディションを行って三浦の起用を決めた。野田はカバーアルバム『かくしてわたしは、透明からはじめることにした』を聴き、三浦をボーカル候補に挙げたという。三浦の歌声について、野田は「三浦さんの声は発せられた瞬間に、どんな天気をも晴れにしてしまうような圧倒的で不思議な力を持っていました。まだ何にも染まっていない荒削りながらもまっすぐなあの歌声で今回『天気の子』の楽曲を歌ってもらえたことは、この映画にとって幸福なことだったと思います」、『天気の子』の監督を務めた新海誠は「役者の歌声というよりも、世界そのものの響きのような声。個人の感情をすこしだけ越えたような何かを、まっすぐに運んできてくれる声。三浦透子さんの声には、そんな印象を持ちました」とそれぞれ語っている。

出演

テレビドラマ

  • 天才柳沢教授の生活(2002年10月 - 12月、フジテレビ) - 山口華子 役
  • チョコミミ(2007年10月 - 2008年3月、テレビ東京) - 桃山ムム 役
  • 嵐がくれたもの(2009年8月31日 - 、フジテレビ) - 神崎順子 役(第14話 - )
  • 月曜ゴールデン 湯けむりバスツアー 桜庭さやかの事件簿2(2010年4月19日、TBS) - 北村加代 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。