お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

春風亭小朝



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

春風亭 小朝(しゅんぷうてい こあさ、1955年3月6日 - )は、日本の落語家、俳優。本名:花岡 宏行(はなおか ひろゆき)。東京都北区出身。東京電機大学高等学校卒業。前座名は春風亭 小あさ(読み同じ)。出囃子は『さわぎ』。キャッチフレーズは「横丁の若様」。

一般社団法人落語協会に所属するとともに、芸能事務所・春々堂を経営して自らのマネジメントを行っている。以前はオフィスてるてる(師匠・5代目春風亭柳朝の会社)に所属していた。元妻はシンガーソングライターの泰葉。

来歴

1955年3月6日、作家の花岡太郎の息子として東京都北区に生まれる。少年期から「落語の天才」と呼ばれ、中学1年の時、素人寄席で桂文楽よりお褒めの言葉をもらった。『しろうと寄席』では5週にわたり勝ち抜き、チャンピオンの座を獲得した。

1970年4月、5代目春風亭柳朝に入門し、春風亭朝太郎(のちの春風亭一朝)に次ぐ2番弟子となる。当初は「小あさ」という前座名を名付けられたが、のちに「小朝」と改名した。昼間は東京電機大学高等学校に通いながら前座生活を送った。

1976年7月、二つ目に昇進。新進気鋭の若手落語家としてマスメディアで注目を浴び始めるようになり、1978年には第7回NHK新人落語コンクール最優秀賞を受賞する。

1980年5月、36人抜きで真打に昇進する。抜いた先輩の中には兄弟子の一朝をはじめ、師匠・柳朝の弟弟子である林家九蔵(のちの三遊亭好楽)、林家上蔵(のちの3代目桂藤兵衛)らが含まれていた。フジテレビの演芸バラエティ番組『THE MANZAI』では明石家さんまとコンビを組み、『オレたちひょうきん族』で漫才を披露したこともある。『ひょうきん族』の姉妹番組『笑ってる場合ですよ!』では1982年まで木曜レギュラーを務めた。

1984年には文化庁芸術祭優秀賞を、1986年には芸術選奨新人賞をそれぞれ受賞する。

1988年、初代林家三平の次女・泰葉と結婚する。落語家やタレントとしてのみならず俳優としても活動し、テレビ朝日の時代劇『三匹が斬る!』では1995年まで燕陣内(たこ)役でレギュラー出演した。

1990年10月、銀座博品館劇場で30日間に渡る連続公演を成功させる。1996年には浅草芸能大賞大賞を受賞した。

1994年4月に放送を開始したNHK総合テレビのバラエティ番組『ふるさと愉快亭 小朝が参りました』では司会を担当し、全国の中高年層からも支持を得るようになる。1997年10月11日、落語家として初めて日本武道館で独演会を開催し、超満員の観客を前にして大作2席を口演した。

時を同じくして舞台演劇にも進出し、2001年4月に日生劇場連続公演で山田五十鈴と共演を果たしたほか、2003年6月には新宿コマ劇場で上演された『恋や恋 浮かれ死神』で落語家として史上初めてとなる座長公演を行った。

1997年、「uno!1997年11月号」にて神田うのと阪神淡路大震災の死者数を賭けていた事を打ち明ける。

2002年に落語協会広報担当理事に就任し、2006年まで理事職に留まる。2003年には落語界の斜陽化を憂う賛同者とともに「六人の会」を結成し、落語家としての活動を長らく休止していた笑福亭鶴瓶を高座に復帰させた。

2007年11月、妻・泰葉とともに金屏風の前で記者会見を開き、離婚届を提出したことを発表した。

2015年、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。

人物


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:3,800円
A席:3,400円
(全席指定・税込)
2019年1月12日 (土)
神奈川県民ホール
大ホール