CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 保坂知寿

保坂知寿

保坂知寿



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

保坂 知寿(ほさか ちず、1962年2月13日 - )は、日本のミュージカル女優。東京都出身。

来歴

劇団四季

大妻高校3年生の夏、劇団四季の夏期研修会でミュージカルの手ほどきを受けたのがきっかけで劇団四季付属研究所に入る。研究所18期生。1980年入団。

1981年、研究生2年目、19歳で『オンディーヌ』の代役に抜擢される(タイトルロールのオンディーヌ役で水曜マチネのみ出演。これがデビュー作となり、三田和代オンディーヌと対等の演技を見せ注目される。)翌年の『ハムレット』においては、オフィーリアで再び三田和代と競演、日本演劇界を驚かせた。

演技力に加え、抜群のリズム感、確実なボーカルと三拍子そろうミュージカルスターとして、『コーラスライン』のヴァル役、『キャッツ』日本初演のグリドルボーン役、1986年『ウエスト・サイド物語』のアニタ、マリア両役で高評価を受ける。1988年『オペラ座の怪人』日本初演のクリスティーヌ役、同時期に並行して企画された『夢から醒めた夢』のピコ役で注目を浴び、その後、数々の大役・難役をこなし、野村玲子と並ぶ劇団四季の看板女優となる。2002年より『マンマ・ミーア!』に主演、同年4月、主演500回を達成する。

2006年、四季の会会員向け情報誌『ラ・アルプ』2月号内にて、同劇団代表の浅利慶太より、『マンマ・ミーア!』大阪公演千秋楽以降、休団することが発表された。同年11月、浅利代表は劇団の公式サイト内で保坂の事実上の退団を明言。同年12月末を以って、劇団との契約終了により正式退団。

他の出演作品に『キャッツ』『コーラスライン』『女房学校』『ウエスト・サイド物語』『クレイジー・フォー・ユー』『アスペクツ オブ ラブ』『ミュージカル李香蘭』『ミュージカル異国の丘』『夢から醒めた夢』など。

退団後から現在

同じ劇団四季出身俳優・山口祐一郎の所属事務所ロックリバーへ移籍。四季退団後初の舞台は2008年7月、シアタークリエで公演された主演作『デュエット』。2009年1-3月に『スーザンを探して』、2009年11月 - 2010年1月には帝国劇場で主演作『パイレート・クイーン』に出演。

第34回菊田一夫演劇賞(2009年4月21日)。(「デュエット」のソニア・ワルスク、「スーザンを探して」のロバータの役の演技による評価)

出演作品

舞台

劇団四季

  • オンディーヌ(タイトル・ロール・水の精たち役)
  • アプローズ(アンサンブル)
  • エビータ(ミストレス役)
  • ハムレット (オフィーリア役)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:11,500円(税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。9月3日(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、座席番号はわかりません。予めご了承ください。
※こちらのチケットは、[WEB予約]のみ の受付です。
 お電話でのご予約はいただけません。
2022年9月7日 (水) 〜
2022年9月26日 (月)
シアタークリエ
販売終了