お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

U-zhaan



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

U-zhaan(ユザーン、1977年10月14日 - )は日本のタブラ奏者。埼玉県川越市出身。本名は湯沢 啓紀(ゆざわ ひろのり)。

経歴

1977年、埼玉県川越市に生まれる。

1996年、インドの民族楽器であるタブラを始める。1998年より、インド・コルカタのタブラ奏者アニンド・チャタルジーにタブラを師事。以降、ほぼ毎年インドに長期滞在しタブラを学ぶ。2005年からはタブラ奏者のザキール・フセインにも師事している。

1999年から、ボアダムスのYOSHIMIO、シタール奏者のヨシダダイキチとともにサイコババとして活動。2003年頃脱退するが、2011年より復帰。

2000年より、元東京スカパラダイスオーケストラのASA-CHANGが結成したASA-CHANG&巡礼に参加。2010年に脱退。

2003年、ヨシダダイキチとともにAlayaVijanaを結成。UAをフィーチャリングしたアルバム『AlayaVijana』をリリース。翌2004年に脱退。

2005年、タブラの音のみを使用したテクノ・アルバム『100% tabla edit』を、Salmon とのユニット「salmon cooks U-zhaan」として発表。

2008年、DJ L?K?OとのユニットOigoruとして、アルバム『Borshakaal Breaks』をリリース。

2010年、レイ・ハラカミとのコラボレーション楽曲「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」の2曲を、自らのホームページからデジタル配信でリリース。10月にはsalmon cooks U-zhaan名義のアルバム『Tabla Makes Everything』も同サイトより配信。

2011年9月、U-zhaan × rei harakamiとして2曲入りシングル「川越ランデヴー おかわり。」、アルバム『川越ランデヴーの世界』を発表。同月に公開された映画『モテキ』にU-zhaan × rei harakamiとして出演。10月、salmon cooks U-zhaanのアルバム『Tabla, Tabla & Tabla』をリリース。

2012年2月、江崎グリコTVCM「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」に出演。同月に渋谷パルコミュージアムで開催された大宮エリーの初展覧会、「思いを伝えるということ」展の会場音楽をU-zhaan + INNER SCIENCEとして担当。

2014年10月、坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ、HIFANA、KAKATO(環ROY×鎮座DOPENESS)、DE DE MOUSE、agraph、Babui、Ametsubらをゲストに迎え、アルバム『Tabla Rock Mountain』をリリース。

2016年、赤塚不二夫の生涯を追ったドキュメンタリー映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(2016年GW公開)の音楽を担当。主題曲「ラーガ・バガヴァット」はタモリが作詞とボーカルを担う。同年公開のドキュメンタリー映画『カレーライスを一から作る』でも音楽を担当。

ディスコグラフィー

主な参加作品

主なフェス出演等

書籍


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。