お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

立川談春



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

立川 談春(たてかわ だんしゅん、1966年6月27日 - )は、落語立川流所属の落語家、俳優。出囃子は『鞍馬』。本名、佐々木 信行(ささき のぶゆき)。

略歴

  • 1966年6月27日 - 東京都板橋区に生まれる。小学校1年時に、埼玉県戸田市へ転居。
  • 1984年3月 - 埼玉県立南稜高等学校を中退し、17歳で7代目(自称5代目)立川談志に入門。立川談春との前座名を名乗る。
  • 1988年3月3日 - 二つ目に昇進、引き続き立川談春を高座名として名乗る。
  • 1997年 - 国立演芸場にて「真打トライアル」(全6回)を開催。
  • 1997年9月20日 - 真打昇進。引き続き談春を名乗る。
  • 2006年10月 - 3日から8日まで東京芸術劇場小ホールにて独演会『談春七夜』を公演。
  • 2007年 - 紀伊國屋ホールにて 独演会『黒談春』を、紀伊国屋サザンシアターにて『白談春』を公演。
  • 2008年 - 歌舞伎座にて『立川談志・談春親子会 〜en-taxiの夕べ』を公演。
  • 2008年12月25日 - 建替のため閉館間際の大阪フェスティバルホールにて、同ホール初となる落語の独演会を公演し、談志の十八番『芝濱』を披露。
  • 2009年4月8日 - 文化放送にて『ラジオ赤めだか 立川談春 青春記』(毎週水曜21時30分放送)がスタート。
  • 2015年8月1日・2日 - シアターコクーンにて同劇場初の落語会を行い、2014年5月から行った三十周年記念ツアーファイナルを迎えた。
  • 2019年8月27日〜9月1日、シアターコクーンにて『立川談春 35周年記念公演 〜玉響-tamayura〜』を、ミュージシャンの日替わりゲスト(ゴスペラーズ・尾崎世界観・aiko・斉藤和義・さだまさし)を招いて行った。談春が演じた古典落語に対して、ゲストがアンサーソングを歌うという形での公演である。
  • 人物

    • 立川談志の高座にめぐり逢い、落語よりも談志自身に魅力を感じ、談志への入門を決意する。それ以前は、中学生時代に親に連れて行かれた戸田競艇場で見た加藤峻二に惚れ込んだ。2015年5月の加藤の引退記者会見にはゲストとして現れ、花束を贈呈している。
    • 競艇選手になるべく競艇学校を目指したが、自身の高身長がネックとなり断念。噺家となってからも、「競艇ナビゲーター」として競艇中継に度々出演するほか、競艇雑誌、新聞のコラムも執筆している。
    • かつて、競艇マクールで、競艇選手・関係者にインタビュー・交流する「立川談春師匠の 俺と一緒に飲みに行こうぜ!」を連載していた。
    • 1990年代には弟弟子立川志らく、兄弟子朝寝坊のらく(前名:立川談々)と共に、「立川ボーイズ」として深夜番組『平成名物TV ヨタロー』に出演した。一時期は本名でミュージカルに出演することもあったが、真打昇進を志らくに先を越されてからは一念発起。単なる古典のコピーから時としてオリジナリティを持たせる古典の新解釈を見せるものもある。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。