お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

古賀豊



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

古賀 豊(こが ゆたか)は、日本の社会学者である。新潟大学准教授。専門はマス・コミュニケーション論、メディア論。

来歴・人物

1984年、埼玉大学教養学部卒業。1994年、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。同年、(財)郵政国際協会電気通信政策総合研究所研究員となり、翌1995年、同研究所副主任研究員となった。その後、1996年より新潟大学人文学部准教授。

著書・論文

著書

  • 『通信放送の融合』(共著)、菅谷実・清原慶子編、日本評論社、pp.43-60、1997年
  • 『メディアの現在形』(共著)、香内三郎・山本武利他著、新曜社、pp.175-197、1993年

論文

  • 「『沈黙の螺旋』理論の数理モデル」(『人文科学研究』 134, 133-146, 2014年)
  • 「沈黙の螺旋と閾値分布構造 -閾値モデルを用いた沈黙の螺旋現象の分析」(『マス・コミュニケーション研究』 (81), 125-142, 2012年)
  • 「『幸福』の言説分析 -幸福はいかに語られているか」(『人文科学研究』 130(-), 31-53, 2012年)
  • 「災害時における救出・保存対象に関する意識調査」(『災害と資料』 (5), 70-79, 2011年)
  • 「インターネット言説空間における新潟と災害」(『災害と資料』 (4), 109-118, 2010年)
  • 「新潟歴史資料救済ネットワークの5年間の取り組み」(共著)(『災害と資料』 (4), 87-108, 2010年)
  • 「新潟における幕末・明治初期の写真」(『災害と資料』 (3), 68-71, 2009年)
  • 「人文科学におけるコンピュータ利用の現状と課題」(『人文科學研究』 115, 25-42, 2004年)
  • 「マルコフ連鎖モデルを用いた流行現象の検討 -社会現象の数理的分析試論(1)」(『人文科學研究』 100, left1-17, 1999年)
  • 「電子ネットワークにおけるコミュニケーション活動―匿名性とアイデンティティー」(文部科学省研究費重点領域研究『情報化社会と人間』、pp.23-56、1995年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。