お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

春風亭昇太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

春風亭昇太 (しゅんぷうてい しょうた)は、落語家の名前。先代は前座の時に名乗っただけであるため、代数をつけて呼ぶことはない。

  • 先代春風亭昇太 - 後の3代目昔昔亭桃太郎
  • 当代春風亭昇太 - 本項にて記載。

春風亭 昇太(しゅんぷうてい しょうた 1959年〈昭和34年〉12月9日 - )は、日本の落語家、タレント、俳優。本名は田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)。落語芸術協会に所属しており、現在同協会会長。現・『笑点』司会者。出囃子は『デイビー・クロケット (The Ballad of Davy Crockett)』。定紋は『五瓜に唐花』または『クラゲ』『赤鳥紋』。血液型O型。妻は元宝塚歌劇団雪組娘役の宝珠小夏。静岡県静岡市清水区(旧・清水市)出身。

一門

師の春風亭柳昇は、自身の身体的特徴もあり(落語の道に入る前、兵役中の負傷で手の指を数本欠いていた)、新作落語専門で大成した人物であったが、弟子たちは新作派(昔昔亭桃太郎)、古典派(9代目春風亭小柳枝、瀧川鯉昇)とバラエティに富む。昇太は新作が売物であるが、古典もかなりの量を手掛けている。ただし、誰とも似ていない昇太流の強烈なアレンジが施されている。

また、元々テレビの視聴者参加番組から出てきて弟子入りしたという経緯もあるが、テレビ活動に力を入れるところも師・柳昇譲りである。

昇太は前述のごとく6代目春風亭柳橋の一門で、柳派であってもルーツは春風亭柳枝(4代目とそれ以前の)。同じ春風亭であっても、春風亭小朝はその大師匠林家彦六の一門で、3代目柳家小さんの系統。彦六が小朝の師匠・5代目春風亭柳朝の真打昇進時に6代目柳橋から「柳朝」の名跡を譲り受けた経緯があるものの、昇太と小朝の間には一門の関係はない。

師匠の名跡である柳昇襲名を求める声(生前の桂歌丸など)もあるが保留している。

来歴・人物

静岡県清水市(当時)高橋南町出身。秋葉幼稚園、清水市立辻小学校、清水市立第六中学校、東海大学第一高校を卒業。父親は日本軽金属勤務のサラリーマン(研究職)、2歳年上の兄がいる。兄は小学生の時から落語を聴いているような子であったが、昇太は当時落語に興味は全くなかった。また、兄嫁は昇太の小学校時代の同級生である。

高校時代はソフトボール部に所属していた。1978年(昭和53年)東海大学文学部に入学し、ラテンアメリカ研究会に入ろうとして部室を訪ねたが、たまたま留守で、隣の部室だった落語研究部の先輩に「ここで待ってれば?」と声を掛けられて部室に招き入れられ、稽古等を見ていて「楽しそうなので」入部(同時に学生プロレスのリングアナウンサー兼実況として活躍)。落研時代の高座名は「頭下位亭切奴」(とうかいてい きりど・「きりやっこ」表記もあり)。大学2年生の時にテレビ番組『大学対抗落語選手権』にて優勝して学生落語名人となる。その後、落研の先輩のすすめでテレビ朝日の『ザ・テレビ演芸』に漫才コンビ、ザ・まんだらーずとして出演。初代グランドチャンピオンになったのを期に大学を中退し、1982年(昭和57年)、春風亭柳昇に入門。

前座時代より『演芸ひろば』司会など、テレビに多数出演している。なお、前座名の昇八は、柳昇の8番弟子であることから付けられている(林家彦六の9番弟子である林家九蔵とほぼ同様の理由)。師匠が新作落語の名手と謳われた柳昇ということもあり、同じく新作落語を活動の中心に置き、「悲しみにてやんでい」など型破りな新作落語で人気を得た。

1986年(昭和61年)に二つ目に昇進、春風亭昇太に改名。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。