お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

藤木大地



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

藤木 大地(ふじき だいち 1980年1月17日 - )は、日本の声楽家,カウンターテナー歌手である。所属事務所はAMATI。

来歴

宮崎県に生まれる。宮崎大学教育学部附属中学校時代に合唱部に所属し、NHK全国学校音楽コンクール・全日本合唱コンクールにおいて全国大会へ出場。宮崎県立宮崎大宮高等学校文科情報科に入学後はテノールとして声楽を始める。

東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻卒業後,新国立劇場オペラ研修所第5期生修了。

2003年、新国立劇場にテノールとしてデビュー。

2011年、カウンターテナーに声種を転向する。

2012年、第81回日本音楽コンクール声楽部門にて優勝を収める。(カウンターテナーの優勝は大会史上初の出来事であった。)

2013年、ボローニャ歌劇場、日生劇場にデビュー。ウィーン国立歌劇場と日本人カウンターテナーとして初めて、客演契約を結ぶ。

2014年、NHKニューイヤーオペラコンサートに初出演。

2015年、NHKニューイヤーオペラコンサートに2年連続出演。ウィーン国立歌劇場と2シーズン連続の客演契約を結ぶ。第19回松方ホール音楽賞を、カウンターテナーとして初めて受賞。

2016年、NHKニューイヤーオペラコンサートに3年連続出演。第25回青山音楽賞青山賞を受賞。兵庫県立芸術文化センター(佐渡裕プロデュースオペラ2016)に主演。題名のない音楽会(テレビ朝日)に初出演。死んだ男の残したものは(谷川俊太郎作詞、武満徹作曲)を歌唱。

2017年、NHKニューイヤーオペラコンサートに4年連続出演。ウィーン国立歌劇場と3シーズン連続の客演契約を結び、2016/2017シーズンにアリベルト・ライマン作曲のメデアにおけるヘロルド役で、日本人カウンターテナーとして史上初めて同歌劇場にデビューすることが、2016年4月6日にウィーン国立歌劇場のマーラーザールで行われた記者会見で発表された。2017年4月7日にキングインターナショナルよりファーストソロCD「死んだ男の残したものは」をリリース。同日、ウィーン国立歌劇場にデビュー。4月19日まで4公演に出演。その模様はNHKおはよう日本(2017年5月21日放送)、NHK-BS1国際報道2017(2017年7月24日)などで紹介された。出身地である宮崎県よりみやざき大使に委嘱される。

2018年、NHKニューイヤーオペラコンサートに5年連続出演。ウィーン国立歌劇場と4シーズン連続の客演契約を結ぶ。村上春樹原作の映画ハナレイ・ベイの主題歌愛の喜びは〜Plaisir d'amourを担当。ワーナーミュージックよりメジャーデビューアルバム「愛のよろこびは」をリリース予定。

外部リンク

  • 藤木大地 オフィシャルサイト
  • Daichi Fujiki(ウィーン国立歌劇場によるプロフィール)
  • 株式会社AMATI/アーティスト/藤木大地(所属事務所によるプロフィール)
  • ワーナーミュージック・ジャパン/藤木大地(所属レコード会社によるページ)
  • 藤木大地の大冒険(本人によるブログ 休止中)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。