お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

六角精児



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

六角 精児(ろっかく せいじ、本名:山地 克明〈やまじ かつあき〉、1962年6月24日 - )は、日本の俳優。兵庫県高砂市出身(出生は兵庫県姫路市で、神奈川県相模原市育ち)。劇団扉座所属で、マネジメントは舞プロモーションに依頼している。血液型はA型。

来歴

厳密には「姫路市で生まれ、幼少期を高砂市で育っている」という。小学生の時に高砂市から相模原市へ引越す。このため関西弁も話せるが、日常生活では関東弁を話す。実家は居酒屋経営であった。

最初、芝居は好きではなかったと発言し、「中学生の時に演劇部を見たが、あれをやる人の気持ちがわからない」とも語っている。進学した神奈川県立厚木高等学校では、当時、生徒全員部活に入部しなければならない決まりになっており、たまたま誘われた演劇部に入部。この時はすぐに退部できそうだと思っていた。しかし、当時の演劇部部長の横内謙介(後の劇団扉座座長)に六角がキャスティングされて出演した舞台が演劇コンクールの全国大会まで進出、結局その後もずっと演劇部には在籍していたが、その後も「早く終わらないかな」などと思っていた一方で「観客の前に立つというドキドキする思いが嫌いじゃなかった」とも語っている。その後、横内を中心としたこの時の演劇部のメンバーで善人会議を創立し、六角も誘われて入団。後に劇団扉座と改名して活動。

なお、姉が同校出身であり、同じく同校出身の名取裕子とは同級生であった。

大学は最初、日本大学芸術学部を受験。この時の実技テストには、丸太を赤ちゃんに見立てて抱く演技、鐘で寒さを表現する演技があったが(この時に、丸太を落として普通に拾ったり、ただ鐘を鳴らして「寒い」と言っただけだった、と語っている)、日本大学は不合格となった。浪人生活の後、学習院大学に合格して入学。学習院には、在学していた皇族に興味を持って入った。実際に皇太子をトイレで見かけ、秋篠宮とは法学の授業で一緒になったことがあった。しかし、大学在学中に、高校の先輩で「善人会議」を主宰する横内謙介の舞台に出演するようになったことで、劇団の活動に時間をとられ2年から進級できず、6年間在籍した後に大学を中退する。20歳頃に、横内に「六角精児」という芸名を付けられる。「とにかくインパクトある名前を」ということで、「精児」は精子に由来している。同じく俳優であり、名前が似ている六角慎司とは特に関連性はない。

大学入学後からギャンブルにハマる。大学生時代に家庭教師のアルバイトはしていたが、これだけでは遊ぶ金には足りず学生ローンで借り続けていた。ギャンブル依存は借金を完済出来た40代まで続き、消費者金融に500万円、人から借りた金などを合わせて1000万円とも言われたという借金を抱え込む。ギャンブルに関しては2019年2月1日放送分の金曜プレミアム『実録!金の事件簿』(フジテレビ系)で改めて明かしており、『相棒』出演中にも多額の借金をしていたことが本人の口によって語られた。同番組司会の坂上忍は「俳優としては素晴らしい方ですが、人としてはただのクズだと思います!」と呆れていた。

2006年には1クール内で3本のドラマにレギュラー出演。『電車男』に出演したころからテレビのレギュラー出演が入るようになり、借金の全額返済に成功する。

2009年春、映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』で主演を務める。

人物

  • 母親はいわゆる教育ママで、子供の頃から「いい大学、いい会社に入って、世の中の敗者になるな」といつも厳しく言われ続けてきたという。テストは80点以上取らないと怒られ、悪い点数のテストは捨てられたり土に埋められたりされたという。厚木高校入学後最初のテストで順位が下位だったため、六角は仲間の頭の良さに挫折感を抱き、やる気を喪失したという。息子の成績不振に母親は怒り狂ったが、六角は高校3年時の国語偏差値が17であったと自白している。
  • 厚木高校1年生の時に、六角は国際安全保障研究者で防衛研究所主任研究官の小塚郁也(こづか いくや)や、光文社の女性向け月刊ファッション雑誌VERY副編集長の米山淳(よねやま あつし)、神奈川県厚木市の南毛利内科 抗加齢/人間ドックセンター医院長(医学博士)の内山順造(うちやま じゅんぞう)、長野放送プロデューサーの上小牧忠道(かみこまき ただみち)とも同級生であった。上小牧は六角同様、鉄道ファンとして有名である。
  • 2000年頃から鉄道ファン、乗り鉄となる。タモリ電車クラブ会員番号No.20。鉄道関係の番組への出演も多くなり、メ〜テレ開局50周年記念ドラマ『名古屋行き最終列車』では鉄道員役を演じた。
  • パチンコ、競輪、そして本人いわく“人に言えないようなこと”まで、あらゆるギャンブルにのめり込んでいた時期もあり、このままでは生活に支障が出てしまうのではないかとの懸念から、興味の対象を移すために元々好きだった電車ファンで生きていこうとしたという。趣味のギターと歌声もかなりの実力があり、コンサートも行っている。
  • 全国の競輪場を旅打ちして回ったほどの競輪ファンである。
  • ボクシングファンである。
  • パチンコ台に設置されている「玉貸機」を作るアルバイトで生計を立てパチンコ通いを続けた。自分が作った玉貸機にアルバイト代が全額吸い込まれていく姿を見て哀愁を感じた。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
S席:12,000円+さらに200Pゲット!
(全席指定・税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。9/7(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2019年9月14日 (土) 〜
2019年9月29日 (日)
KAAT神奈川芸術劇場<ホール>

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
18名限定!S席12,000円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに300Pゲット!
2019年9月14日 (土) 〜
2019年9月29日 (日)
KAAT神奈川芸術劇場<ホール>