お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

近藤みゆき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

近藤 みゆき(こんどう みゆき、1960年2月 - )は、日本の国文学者。専攻は日本古典文学。実践女子大学教授。

経歴

1960年大阪府に生まれる。

1978年日本女子大学文学部国文学科に入学。卒業後、1983年東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程修士課程入学。修了後、1986年同大学大学院人文科学研究科国語国文学専門課程博士課程へ進学。1988年中途退学し、千葉大学教養部専任講師となる。

1992年同大学教養部助教授。1994年同大学文学部助教授、大学院文学研究科助教授。2001年実践女子大学文学部助教授。2002年同大学大学院文学研究科助教授。2003年同大学文学部教授、大学院文学研究科教授。2006年博士(文学・東京大学)授与。

受賞歴

  • 論文「平安時代古典語古典文学研究のためのN-gramを用いた解析手法」(共著:近藤泰弘。2001年3月)により2001年7月言語処理学会優秀発表賞を受賞。
  • 著書『古代後期和歌文学の研究』(2005年2月 風間書房)により2006年9月関根賞第二次第一回関根賞を受賞。

主な著作

単著

  • 『和泉式部日記 現代語訳付き』(角川ソフィア文庫) 2003年12月 角川書店
  • 『古代後期和歌文学の研究』2005年2月 風間書房

共著

  • 『論集 和泉式部』1988年9月 和歌文学会編、笠間書院 (論文「和泉式部と漢詩文ー同時代からの達成ー」を執筆)
  • 『歌ことばの歴史』1998年5月 笠間書院 (「古今和歌六帖の歌語−データベース化によって見た歌語の位相−」pp.35〜53を担当。)
  • 『御堂関白記全注釈』1999年7月 山中裕編、高科書店 (注釈を分担執筆)
  • 『ジェンダーの生成 古今集から鏡花まで』2002年3月 臨川書店 (論文「古今集の「ことば」の型―言語表象とジェンダー」を担当。)

参考

  • Read&Researchmap項目「近藤みゆき」
  • 実践女子大学ホームページ

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
追加販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):3,800円(税込)
2018年9月26日 (水) 〜
2018年10月1日 (月)
てあとるらぽう