お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

中島淳彦



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

中島 淳彦(なかしま あつひこ、1961年8月24日 - 2019年12月4日)は、日本の脚本家、演出家。ジェイ・クリップに所属していた。宮崎県日南市出身。

略歴・人物

1981年、20歳の時に劇団ホンキートンクシアターを旗揚げし、10年後の解散まで主宰として作・演出・出演を手がける。

1997年11月に劇団ホンキートンクシアターの俳優・青山勝と劇団道学先生を旗揚げし、同劇団ならびに劇団ハートランドの座付き作家として脚本を執筆に専念。文学座、劇団東京ヴォードヴィルショー、劇団青年座など他の劇団にも精力的に新作を提供する。

主に舞台の脚本、演出を行っている。駄目な人間たちを描く人情味のある喜劇、音楽劇などの作品が多い。

『ゆれる車の音』が第51回岸田國士戯曲賞の候補作となる。

2012年、『トノに降る雨』と『タカラレ六郎の仇討ち』にて、第12回バッカーズ演劇奨励賞を受賞した。

2019年12月4日、多臓器不全のため死去。58歳没。

作品

舞台

劇団ホンキートンクシアター

※中島が主宰をつとめていた劇団。

  • 旗揚げ公演 「タイトルが決まらない」 浅草木馬亭
  • 第2回 「ひょっとこすると天才かもねぎ」 池袋パモス青芸館
  • 第3回 「上手な職業の選び方と愛し方」 銀座小劇場
  • 第4回 「さあ、私をバカにしなさい」 銀座小劇場

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。