お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

銀杏BOYZ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

銀杏BOYZ(ぎんなんボーイズ) は、日本のパンク・ロック・バンド。なお「銀杏ボーイズ」と表記されることもある。

前身のバンドGOING STEADYの時に設立したインディーズレーベル『初恋妄℃学園(UKプロジェクト)』に所属し活動していたが、後述のメンバーのたて続けの脱退により、現在はソロ活動中である。

来歴

2003年1月、GOING STEADY解散後、峯田和伸が新たに結成した。当初は峯田のソロ名義で、エレファントカシマシの企画盤『花男』にボーカルのみで参加など活動していたが、元GOING STEADYのベースの安孫子真哉とドラムの村井守を誘い、チン中村をギターに迎え4人編成で活動を開始。

2003年〜2004年

コンスタントにライブ活動し、間にレコーディングを行う。2年弱続いたレコーディングも全工程を終え、2005年1月15日、『DOOR』『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』を2枚同時発売。オリコンアルバムチャート6位と7位にランクインする。

2005年

2月から全国ツアー「銀杏BOYZ 世界ツアー 2005」を開始。最初のライヴ中に峯田が肋骨を骨折し数公演が延期、6月には右足を骨折し再度数公演が延期になるも、9月10日Zepp Sendaiをファイナルにし全日程を終了(ただ、実質的なツアーファイナルの9月23日の日比谷野外大音楽堂の公演にて、治りかけていた右足を骨折)。その間の8月7日に出演した「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で、峯田和伸がライブ中全裸になり、書類送検された。
11月、下北沢の再開発計画を考えるプロジェクト「S.O.S.(The Sound of Shimokitazawa)」に峯田が弾き語りで出演し、その後、チン中村とブログで募集した女性4人と共に"敏感少年隊"を結成した。下北沢の再開発については下北沢#下北沢駅周辺地区街づくりを参照。

2007年

7月、ボーカルの峯田が台湾でのライブの際(台湾台北市7月28日夜)、舞台の上で下半身を見せ、警察当局の取り調べを受けた。29日付の台湾紙、聯合報によると、峯田は故意ではなかったと説明したが、警察当局は刑法の風紀妨害罪に触れるとしている。
9月、ヨーロッパ企画主催の第四回「ショートショートムービーフェスティバル」に本選ゲスト監督として参加。映像作品「黄金」を出品。
11月30日、TBSの報道番組『筑紫哲也 NEWS23』内の金曜深夜便というコーナーに生出演し、『光』を生演奏。テレビ番組への出演はGOING STEADY時代に一度あったが演奏はしておらず、生放送は今回が初となる。ボーカルの峯田の演奏中の格好は短パン一丁。番組MC陣が囲むテーブルの上に乗りながら熱唱しているところで番組は終了した。12月 - 2008年1月、「せんそうはんたいツアー」を7公演(6公演+追加1公演)行う。

2008年

8月、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZOに参加。ライブの模様は、2016年3月に発売されたバンドにとって初の公式ライヴ映像作品『愛地獄』に収録されている。

2011年

6 - 7月、東日本大震災の被害にあった地域を中心に「銀杏BOYZ 2011 スメルズ・ライク・ア・ヴァージン・ツアー」を4公演行う(6/27 水戸 LIGHT HOUSE、6/30 club SONIC いわき、7/4 仙台 CLUB JUNK BOX、7/7 盛岡 CLUB CHANGE WAVE)。

2013年

11月に、9年ぶりとなるアルバムを2枚同時にリリースすること、安孫子真哉とチン中村の脱退告知がなされる。また、12月には村井守の脱退が予告された。

2014年

1月15日、アルバム『光のなかに立っていてね』、ライブリミックスアルバム『BEACH』が発売される(告知などでは、ニューアルバムを2nd Albumとしているところがある。理由は前作2枚が、共に1st Albumだとしていたため)。

2016年

12月18日、写真展「ファーストアルバム」〜銀杏BOYZと川島小鳥と池袋パルコ〜 峯田和伸×川島小鳥トークイベントにて、シングル集をカセットテープのみで発売する事を発表。

2017年

2月、初のシングル集「ラストラーダ」を発売。5月、約1年ぶりとなるツアー、銀杏BOYZ presents 「東京のロック好きの集まり」、「大阪のロック好きの集まり」、「仙台のロック好きの集まり」を行う。10月、銀杏BOYZ初の日本武道館単独公演「日本の銀杏好きの集まり」を行う。チケットは完売。

2018年

  11月、2017 年の日本武道館公演を収録したライブ映像作品「デイドリーム 祈り」を発表。同月からツアー「GOD SAVES THE わーるど」を4公演行う。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。